tofubeatsが幅広い音楽ジャンルを横断する理由「自分が変化するのを見て、自分自身が楽しい」

tofubeatsが幅広い音楽ジャンルを横断する理由「自分が変化するのを見て、自分自身が楽しい」

「後世に残したいような曲は、ハウスみたいに長く聴けるものがいい」

――アルバム後半は異色のゲストが続きます。8曲目「すてきなメゾン feat.玉城ティナ」で彼女をボーカルに迎えたことについては、玉城さんがモデルとして掲載されている『Martine Book』と何か関係があるのでしょうか?

tofubeats:いや、ブッキングした段階では関連がなかったですね。単純にtomad社長がずっと「好き」って言ってるから興味はあったけど「いくら可愛くても歌が歌えなかったらダメですよ」みたいに生意気な考えだった。ただ、デモを取り寄せたら「上手い」と言うしかないクオリティで(笑)。テイさん(TEI TOWA)関係のエンジニアさんからも「もともと歌手志望で、勘はいいですよ」という話も聞いていたので、正式にオファーをしました。僕の曲にしては転調が多いのですが、それにもガンガンついてきてくれたんです。この人はもっと歌を続ければいいのに、と思いました。

――あと、この曲には大比良瑞希さんがコーラスで入っていますよね。彼女も天性の声を持つボーカリストだと思うのですが。

tofubeats:僕がデモを聴いてびっくりするくらい良いと思った方ですね。勘が良いというか、センスがあって、やりたいことの打点が定まっている、珍しい女性アーティストだと感じています。あと、学があっておしゃれだし、打ち込みも自分でできるという点ではG.RINAさんに似てる。声質も近いところがありますし、僕の中では勝手に“頭の良い女性の声”って分けてるんですけど(笑)。

――ちなみに転調が増えたのはなぜなのでしょう?

tofubeats:そもそもこの曲が難産で『POSITIVE』になったので……。で、スケールの本を買って転調を勉強したりして、3回も転調した結果、一番シンプルな曲になった、という皮肉な話なんです。

――「くりかえしのMUSIC fest.岸田繁(くるり)」は、くるりのシングル「ロックンロール・ハネムーン」でtofubeatsさんがリミックスを手掛けたことが縁となって制作されたのでしょうか。

tofubeats:あれに関しては、岸田さんから突然オファーをいただいて、会ったら会ったで「なんか、全然音楽性はちゃうねんけど、どっか(レイ・)ハラカミ君っぽいねんなぁ」と言われたりして。リミックスの仕事以外でも、『京都音博』にお誘いいただいたり、ダラダラ喋れば喋るほど、この人面白いなあとどんどん思うようになり、今度はご一緒させていただきたいとこちらからお願いしました。BONNIE PINKさんもそうなんですけど、関西の人とやると、異常なくらい朗らかにレコーディングが進むんですよね。岸田さんも「ええ曲や」って言いながら録ってくれたりして、肩の力が一番抜けた曲です。

――この曲は『THE WORLD IS MINE』あたりのくるりを意識しました?

tofubeats:そうですね。「ばらの花」みたいに、一つのモチーフでずっと進行する曲が作りたくて。でもループ自体はトリッキーにしました。面白かったのは、岸田さんが曲を聴いて「めっちゃ関西人っぽい符割りや」と言い出して、2番の歌いだしにある<ドラムマシーン>という歌いだしで爆笑したんです。気になって「何があったんですか?」って聞いたら「めちゃくちゃ関西人が書いた曲っぽいな」と。普通は「ドラムマシーン」ですけど、関西の音だと「ドラムマッシーン」となるんですよね。で、この話には続きがあって、岸田さんが「関西っぽい符割り」を意識するようになった原因って、矢野顕子さんに「ばらの花」の<雨振りの朝で>という歌いだしの「あめ(↑)」という部分を指摘されたかららしいんですよ。「そこが繋がるのかー」とニヤけるくらい面白かったです。

――奇妙な縁ですね(笑)。最後の「I Believe In You」は、<Maltine Records>の10周年本に合わせて書き下ろした曲です。多彩なゲストを招いている今回のアルバムですが、個人的にはこれが一番好きで。

tofubeats:僕もそうですね。断トツ優勝です。この曲に関しては、年に何回かある“使命感”に駆られて制作したもので。作ることは前から決まっていたので、そのために藤井美菜の劇を見にいったりして、自分を高めていました。あと、2015年はFuture Bass周りの盛り上がりがひと段落してたこともあり、よくわからないハウスのレコードーーとくにディスコネタの長尺なやつばかり買っていて。

――歌ナシで進行していくのも、それらのレコードの影響があったりするのでしょうか?

tofubeats:それもありますし、tomad社長が言うような“インストJ-POP”モノって、日本のゲームミュージックみたいな形に寄っていきつつも、「STAKEHOLDER」みたいに、音楽的なエッジが立っているものに収斂していってる気がするんです。あと、後世に残したいような曲は、ハウスみたいに長く聴けるものがいいなって思ったり。それに、Dream Amiさんから入った人が、この曲に着地するって考えただけで面白いです。

――Amiさんのファンが結果的には「I Believe In You」で一番踊っているって、すごく面白いですね。先ほど話してもらった“自分の流行り”でいうと、この曲にはどういうモードを取り入れたのでしょうか。

tofubeats:自分はやっぱりシカゴ・ハウスみたいに角が立ち過ぎていないのがいいし、そういうものだからこそ、輪郭がはっきりするみたいなところってあるじゃないですか。すごいわかりやすいモチーフじゃないからこそ、いいベースが1個増えたら嬉しいし、ハイハットが1個増えると嬉しい、みたいな。そういう気づきがあるテクノがやっぱり好きなので、自然と曲の展開には気を使ってしまいます。

――自分の流行をそうやって閉じ込め続けているわけですが、今のマイブームが次の作品につながることも大いにあると思います。現状を踏まえて、どういうものを作っていきそうでしょうか。

tofubeats:今回に関しては、多分サブスクリプションサービスのスタートも影響していて。これまではCDという枠の中でアルバムを作るときに、その容量いっぱいを使わないと嫌だったんですが、今に関しては、プレイリストや単曲ベースになっていくものが増えてきているし、そのなかでアルバム単体として価値のあるものがもっと生まれてくると思うんです。だからこそ無駄をなくそうと思ったし、迷ったら入れない選択肢を取ってきました。『Apple Music』が始まって、僕の身の回りにいる人間がこぞってブライアン・イーノを聴いているという面白いデータがあるのですが、その感覚って、何か僕はすごくわかるんですよ。BGMっぽいの掛けてしまいがちというか。

――また、初回限定盤のDisc2には、MVをすべて収録したDVDが封入されています。

tofubeats:良いビデオもいっぱいあるんですが、例えば「おしえて検索 feat.の子(神聖かまってちゃん)」は「店舗で流す映像だから、サクッと作って」と言われてiPhoneで撮ったやつなのに、いつの間にかMV扱いになってるんです。「Don’t Stop The Music feat.森高千里」のあとにそれが来るから、F級感がすごくて(笑)。

――F級って(笑)。

tofubeats:「Her Favorite feat.okadada」も、D級香港映画ですから。いつもB面曲のMVは毎回予算を提示されて、僕がその範疇で作っているんですよ。だからA面曲とB面曲で予算のギャップ激しすぎるやろと(笑)。これまでは「おしえて検索 feat.の子(神聖かまってちゃん)」、「Her Favorite feat.okadada」、「20140803」「衣替え feat.BONNIE PINK」と来て、次は「I Believe In You」になる予定です。「20140803」くらいになると、田向潤(きゃりーぱみゅぱみゅなどのMVを手掛ける監督)さんから「君、これから映像やった方がいいよ」って褒められているという進化もあって。だから僕が映像の撮り方をどんどんわかってくるという過程を、このDVDでは楽しめると思います。

(取材・文=中村拓海)

20150904-mega.JPG『BE MORE POSITIVE DISC3 MEGAMIX by tofubeats』20150810-posia.jpgPOSITIVE-初回限定盤-tofubeats

■特典情報
タワーレコード限定オリジナル特典『BE MORE POSITIVE DISC3 MEGAMIX by tofubeats』
タワーレコード全店で『POSITIVE』を予約・購入者に先着でtofubeatsによる今作のメガミックス音源が収録されたCDを配布。限定数量は僅少での配布につき、なくなり次第終了となる。

対象店舗:タワーレコード全店(TOWER ONLINE含む)

本特典のプレゼントは、先着順。数に限りあり。
本特典は、「商品と共に店頭でのお渡し」、もしくは「同梱発送」のみ。

■配信情報
「POSITIVE feat. Dream Ami」
配信中
iTunes
レコチョク

「POSITIVE feat. Dream Ami」 tofubeats demo vocal ver 無料ダウンロード
https://soundcloud.com/tofubeats/positive-feattofubeats-demo-vocal-version

アルバム『POSITIVE』iTunes Music Storeプレオーダー
https://itunes.apple.com/jp/album/positive/id1035285794?app=itunes&at=10l6Y8

■リリース情報
『POSITIVE』
発売:9月16日(水)
価格:初回限定盤¥3,600(本体)+税
   通常盤  ¥3,000(本体)+税
ゲスト・アーティスト(五十音順)
オカダダ、岸田繁(くるり)、KREVA、小室哲哉、Skylar Spence、玉城ティナ、Dream Ami、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)

<収録内容:Disc1>※初回盤・通常盤共通
1.DANCE&DANCE
2.POSITIVE feat. Dream Ami
3.T.D.M. feat. okadada
4.Too Many Girls feat. KREVA
5.STAKEHOLDER
6.Throw your laptop on the fire feat. 小室哲哉
7.I know you
8.Without U feat. Skylar Spence
9.すてきなメゾン feat. 玉城ティナ
10.くりかえしのMUSIC feat. 岸田繁(くるり)
11.閑話休題
12.別の人間 feat. 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)
13.I Believe In You

<Disc2:DVD>※初回限定盤のみ付属、tofubeats music video集
1.水星 feat. オノマトペ大臣
2.No.1 feat. G.RINA
3.Don’t stop the music feat. 森高千里
4.おしえて検索 feat. の子(神聖かまってちゃん)
5.ディスコの神様 feat. 藤井隆
6.Her Favorite & 衣替え
7.Come On Honey!feat. 新井ひとみ(東京女子流)
8.poolside feat. PES(RIP SLYME)
9.20140803
10.衣替え feat. BONNIE PINK
11.STAKEHOLDER
12.朝が来るまで終わることのないダンスを

『POSITIVE』収録曲「I Believe In You」先行試聴
https://soundcloud.com/tofubeats/i-believe-in-you/

「Throw your laptop on the fire feat. 小室哲哉」 フル試聴」
https://soundcloud.com/tofubeats/throw-your-laptop-on-the-fire-feat-tetsuya-komuro

■関連リンク
メジャー2ndアルバム『POSITIVE』特設サイト
tofubeats オフィシャルサイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる