西寺郷太×宇野維正、プリンスの魅力語るトークイベント開催 西寺氏のサイン会も

20150814-lakagu.jpeg『そろそろ、プリンスについて語ろうか』

 NONA REEVESのボーカルであり、音楽プロデューサー、作詞・作曲家、ライターも務める西寺郷太と、映画/音楽ジャーナリストの宇野維正が、9月18日にラカグ2F sokoにてトーク・イベント『そろそろ、プリンスについて語ろうか』を開催する。

 同イベントは、9月17日に発売される新潮新書『プリンス論』(西寺郷太著)の刊行記念として行われるもの。

 『プリンス論』は、天才音楽家・プリンスと小学生の時に出会い、それ以来、彼を師と仰ぐ西寺氏が、同じ音楽家ならではの視点で、孤高の天才の旅路を追った内容となっている。イベントでは、西寺氏と同様にプリンスの長年のファンであり、音楽ジャーナリストとして追いかけてきた宇野維正とともに、「プリンスはなぜ天才なのか?」「その魅力とは?」「ベストなアルバムはどれか?」「9月にリリースするニュー・アルバムについて」など、濃厚な内容のトークを行なう予定だ。

■イベント情報
新潮新書『プリンス論』(西寺郷太著)刊行記念イベント
西寺郷太×宇野維正『そろそろ、プリンスについて語ろうか』
日程:9月18日 (金)
18:30 – 20:30
場所:ラカグ2F soko
価格:¥2,000
http://peatix.com/event/109018/
盛りだくさんの内容が予想されるため、通常より早い時間のスタートとなる。途中入場可能。
当日、会場で販売している西寺氏の著書を購入の方を対象にサイン会を行う予定。
購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルは不可。
開場は開演の30分前となる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる