>  > Salyu台湾公演レポート

「Salyu Live 2015 IN TAIWAN」レポート

Salyu、初の台湾公演で大喝采浴びるーーリリイ・シュシュ曲も披露し、10年の活動を総括する内容に

関連タグ
Salyu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150704_s_4.jpg

 

 1stシングルの「VALON-1」や、最新アルバム『Android & Human Being』から「THE RAIN」も披露され、「Lily Chou-Chou」名義の楽曲も合わせて、デビューから10年のSalyuの軌跡を振り返ることができるようなセットリストになっていた、今回の台湾公演。初めてSalyuのライブに訪れるファンへの配慮もあるだろうが、いずれの楽曲も時間的な古さをまったく感じさせない。オールタイム・ベスト的な選曲であることで、Salyuが精緻に構成された質の高い音楽を続けてきたことを再認識させられる。

150704_s_5.jpg

 

 ライブ前半では、2011年に発生した東日本大震災で台湾から受けた支援への感謝を述べ、震災後に作られた「悲しみを越えていく色」も披露。ステージ後方の映像に映し出された歌詞を追いながら、熱心に聴き入る観客の姿からは、国境を超えて感動を生み出す“歌の力”が伝わってきた。そしてラストでは、前向きな祈りと希望が込められた「アイニユケル」を歌い上げたSalyu。〈想いの始まりが 空に刺さっていく〉というフレーズが、この公演を実現させたSalyuと小林武史、そして満員のファンの思いをつないでいるように感じられた。

150704_s_6.jpg

 

 ライブの前週には、これまでの全オリジナルアルバムとベストアルバムの台湾版作品がリリースされている。終演後、作品の購入者を対象にしたサイン会が行われ、ファンが長蛇の列を作っていた。会場となったATT SHOW BOXは、台湾一の商業地区「信義エリア」のATT 4 FUNという商業施設内にある。普段は20代前半の若者たちであふれる場所だが、当日はいつになく幅広い年齢層の人々の姿が見られた。それが、Salyuというアーティストの懐の広さと、初の台湾公演への注目度の高さを物語っていたのかもしれない。

 Salyuにとっても小林武史にとっても、このライブは10年の活動を総括しつつ、海外のファンとの交流という新たな刺激を得るものであったはずだ。11年目を迎えた2人の音楽がこれからどのような音楽を紡ぎ、どれほど遠くまでそれを響かせていくのか、期待が高まる台湾公演だった。

150704_s_7.jpg

 

(文=高木智史/撮影=洲脇理恵(MAXPHOTO))

http://www.salyu.jp/

      

「Salyu、初の台湾公演で大喝采浴びるーーリリイ・シュシュ曲も披露し、10年の活動を総括する内容に」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版