アメリカン・アンダーグラウンド・ロックの巨星、スワンズの歩みを振り返る

Akron/Family- Love is Simple (2007)

 そして2010年になってスワンズは13年ぶりに再結成、同年に11枚目のアルバム『My Father Will Guide Me up a Rope to the Sky』を発表します。デヴェンドラ・バンハートやマーキュリー・レヴなどがゲスト参加した2枚組大作は、エンジェルズ・オブ・ライトでの穏やかでフォーキーな境地とはまったく異なる、これぞスワンズという重厚かつサイケデリックなバンド・アンサンブルを堂々と展開。バンド初期を思わせる執拗に繰り返されるノイジーで硬質なリフレインが悪夢のように増殖していくヘヴィ・チューンから、少し肩の力を抜いた渋いヴォーカル・ナンバーまで、これまでのジラの音楽人生を集大成しながらも、そのままブルックリン・シーンの最前線にも連なるような尖鋭性を併せ持った大傑作となりました。

 これは同作収録曲のライヴですが、同じフレーズを爆音で何度も畳みかけるように繰り返し盛り上がっていくところは、まさしく初期スワンズの正常進化形と言えるもの。凄まじいの一言です。

Swans – No Words No Thoughts (Official Music Video)

 2012年には再結成後2枚目のアルバム『The Seer』をリリースします。再結成後は不参加だったジャーボーが2曲でバック・ヴォーカルを担当するなど総勢17人のゲストが参加。ジラ自ら「これまでのスワンズ及び自分が作ってきた音楽の頂点にあるアルバム」と語るこの作品は、ピッチフォークの「2010年代以降のベスト・アルバム」で、17位にランクされるという高評価を得ています(https://pitchfork.com/features/lists-and-guides/9465-the-100-best-albums-of-the-decade-so-far-2010-2014/)。しかし私の実感としてはもっと上で当然と思います。翌2013年には1991年以来22年ぶりの来日も果たし、圧巻のステージを見せたことも記憶に新しいですね。

Swans – The Seer – Live at The Beaumont Club, 2012

 そして2014年、再結成後3作目のアルバム『トゥ・ビー・カインド』を発表。発売元のヤング・ゴッドがミュートと契約したので、『The Burning World』以来の日本盤発売となった本作は、彼らの最高傑作と言っていい出来となったのはご存じの通りです。

SWANS “OXYGEN” (TO BE KIND)(2014)
Swans perform “Just a Little Boy” – Basilica Soundscape 2014

また本作に関して彼らは、楽曲をスタジオではなくライヴで何度も演奏することで仕上げていったようで、ユーチューブ上には本作収録曲のアルバム発売前のライヴ映像がいくつもあがっています。これもそのひとつ。

Swans – “Oxygen” – Pitchfork Music Festival 2013

 すでに彼らは『トゥ・ビー・カインド』以降の新曲をライヴでプレイしており、以下に挙げるこれもそのひとつのようです。今回の来日公演ではそうした新曲も聴けるかもしれません。

SWANS-Live at Manchester Academy (2014)

 そして今回の来日を記念して、上記「Oxygen」をミュートの総帥ダニエル・ミラーが大胆なエディットを施したニュー・ヴァージョンや、ライヴ、デモ、アコースティック・ヴァージョン、「She Loves Us」のライヴなどが収められた日本独自企画盤『オキシゲンEP』も1/21にリリースとなります。

 とにもかくにも、結成35年を前にして、今が絶頂とも言える最高の充実期を迎えているスワンズ。年明け早々のライヴは凄まじい体験となるに違いありません。見逃す手はなさそうです。

■小野島大
音楽評論家。 時々DJ。『ミュージック・マガジン』『ロッキング・オン』『ロッキング・オン・ジャパン』『MUSICA』『ナタリー』『週刊SPA』などに執筆。著編書に『ロックがわかる超名盤100』(音楽之友社)、『NEWSWAVEと、その時代』(エイベックス)、『フィッシュマンズ全書』(小学館)『音楽配信はどこに向かう?』(インプレス)など。facebookTwitter

Oxygen-web-600x600th_.jpg『オキシゲン EP』

■リリース情報
『オキシゲン EP』
Mute
2015. 1.21 OUT
CD TRCP-180
1,500円(税抜)
CD タワーレコード限定発売。

[Tracklist]
01. Oxygen
02. Oxygen (Edit) *Mute創始者ダニエル・ミラーによるエディット
03. Oxygen (Live at Primavera)
04. Oxygen (Early Version)
05. Oxygen (Acoustic Version)
06. She Loves Us!*アルバム『Not Here/ Not Now』(限定盤/ 2013年発売/ 日本発売無し)

Sound Cloud

■イベント情報
『SWANS Japan Tour 2015』

東京 2015年1月27日 (火) SHIBUYA TSUTAYA O-EAST
Information: 03-3444-6751 (SMASH)

大阪 2015年1月28日(水) UMEDA CLUB QUATTRO
Information: 06-6535-5569(SMASH WEST)

Open 18:00 / Start 19:00
¥6,000(前売り/1 ドリンク別)
公演詳細 https://smash-jpn.com/live/?id=2195

チケット発売発売中!
東京: ぴあ(P: 242-369 )・ローソン(L: 72646 )・e+(pre: 9/9-15 )・岩盤
大阪: ぴあ(P: 242-244)・ローソン(L:58725)・e+(QUATTRO web:9/6-8、pre:9/13-15)・会場・TOWER RECORDS(梅田大阪マルビル店・梅田NU 茶屋町店)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる