>  > 『センス8』の深いテーマを読み解く

ウォシャウスキー姉弟の新境地! Netflixドラマ『センス8』が伝えるメッセージとは何か

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20151209_sense8 2.jpg(C)Netflix. All Rights Reserved.

 映画『マトリックス』シリーズなどで知られるウォシャウスキー姉弟の最新作『センス8』は、配信サイトNetflixだけで観られるオリジナルドラマ。本作で繰り広げられる、頻繁にシーンが切りかわる目まぐるしい展開はスリリングだし、世界各地でロケを敢行した映像は臨場感に満ちている。随所で披露されるアクション・シーンも迫力たっぷりだ。いまも配信中のシーズン1は好評だったようで、すでにシーズン2の制作も決定しているが、そんな『センス8』の魅力を掘りさげていきたい。

 ストーリーは、世界各地に住む面識のない8人が、思考や感覚を共有できるようになったことで、謎の組織BPOに追われるというもの。ウォシャウスキー姉弟といえば、『マトリックス』シリーズをはじめ、『クラウドアトラス』や『ジュピター』など、ド派手なCGを用いた非現実的なSF作品のイメージが強い。しかし『センス8』は、SF要素がありつつも、現代に寄り添った設定が際立つ。メインキャラの8人は、職業上の技術や知識はあれど、サイコキネシスや透視みたいな、超能力を持っているわけではない。言ってしまえば、思考や感覚を共有できるところ以外は平凡なのだ。また、綿密に伏線を仕掛け、ストーリーに緊張感をもたらす手法は、SFよりもサスペンス作品と言ったほうがしっくりくる。世界各地を跨いだストーリー展開は、さまざまな時代が舞台となる『クラウドアトラス』を想起させるが、時空を越える大仰な『クラウドアトラス』とは違い、『センス8』では“現実的な日常”に根ざした世界観を描いている。

 こうした世界観が思いださせるのは、ウォシャウスキー姉弟が1996年に発表し、ふたりの初監督作品にあたる映画『バウンド』だ。『バウンド』は、レズビアンの泥棒コーキーと、マフィアの恋人を持つヴァイオレットというふたりの女性が主人公のフィルム・ノワール。多くの伏線と謎を仕掛け、それらを上手く活かす手法は、『センス8』を連想させる。また、計算しつくされたスタイリッシュなカメラワークも素晴らしく、映像美という点でも見どころがたくさんある映画だ。ウォシャウスキー姉弟のルーツと言える作品なので、興味があればぜひ観てほしい。

 人種やアイデンティティーが多種多様な8人のメインキャラクターも、『センス8』を楽しむうえでは見逃せないポイントだ。たとえば、かつてハッカーだったという過去を持つノミ。ジェイミー・クレイトン演じるノミはトランスジェンダーの女性で、アニマタという女性と恋人関係にある。そして、ミゲル・アンヘル・シルベストレ演じるリトはゲイで、エルナンドというボーイフレンドと同居中。このような人物設定のキャラクターたちが織りなすストーリーには、差別、貧困、宗教、ジェンダーなど、多くのテーマが込められている。これらのテーマは、現時点では〝匂わせる〟程度の表現でしかないが、これからシリーズを重ねるごとに、より深い表現になっていくはずだ。

 そして、『センス8』の興味深い点は、トランスジェンダーや同性愛者を“特別な人”として描いていないところ。たとえば、トランスジェンダーという属性によってノミの人間性を形作る描写がなく、劇中でもノミがトランスジェンダーであることを気にする人はいない。これまでにも、2005年の『トランスアメリカ』や、2012年の『チョコレートドーナツ』など、トランスジェンダーや同性愛者がメインの作品はたくさんあった。しかし、これらの作品群は、トランスジェンダーや同性愛者であることがストーリーの根本を成していた。一方で『センス8』は、そうした要素はあくまでも〝一要素〟だ。この公正さは、『センス8』が持つ魅力のひとつだと言っていい。

      

「ウォシャウスキー姉弟の新境地! Netflixドラマ『センス8』が伝えるメッセージとは何か」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版