>  > 『ジェシカ・ジョーンズ』インタビュー

マーベル×Netflixオリジナルドラマ第2弾『ジェシカ・ジョーンズ』

クリステン・リッター&レイチェル・テイラーが語る、『ジェシカ・ジョーンズ』とNetflixの挑戦

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『アイアンマン』や『スパイダーマン』『X-MEN』など、数々のスーパーヒーローを生み出してきたマーベルが、『デアデビル』に続きNetflixと共同で製作したテレビシリーズ第2弾『ジェシカ・ジョーンズ』が本日11月20日より全世界同時配信となる。元スーパーヒーローで、現在は私立探偵として孤独に生きるジェシカ・ジョーンズが、スーパーヒーローを辞めるきっかけにもなった宿敵キルグレイブと再び対峙することにより、忘れかけていた過去と向き合い、悪を倒すため難事件に挑む模様を描いた作品だ。リアルサウンド映画部では、主人公ジェシカ・ジョーンズを演じたクリステン・リッターと、ジェシカが唯一信頼する親友トリシュ・ウォーカーを演じたレイチェル・テイラーに取材を実施。役作りのポイントや撮影で苦労した点などについて、話を聞いた。

「『ジェシカ・ジョーンズ』にはリアルに響くものがある」(レイチェル)

20151120-JessicaJones02.JPGクリステン・リッター、レイチェル・テイラー

ーー本作はマーベルコミックの『エイリアス』が原作ですが、お2人が役作りにおいて重視した点を教えてください。

クリステン・リッター(以下、クリステン):スーパーヒーローだからといって、何か他の役とアプローチが変わったわけではないわ。私はどんな役を演じるときも、“準備”をとても大切にしているの。今回も、原作の『エイリアス』を事前に読んで、素晴らしい脚本をベースにジェシカという役を築いていったわ。作品の中で描かれる前のジェシカの人生がどういうものだったかも考えたわ。いったい彼女に何が起きて、それが彼女にどういった影響を与えたのか。そのような彼女の普段の所作みたいなバックストーリーの部分を作り上げていくことが、役作りの1番大きなポイントね。

レイチェル・テイラー(以下、レイチェル):私がトリシュを演じるにあたり、1番のポイントになったのはジェシカとの女性同士の関係ね。その関係にインスピレーションを受けて、非常に興味深いものを感じたわ。それは一言では言い表せない、複雑で深みのある関係なの。私の実生活での友達との関係を考えながら演じてたわ。2人はお互い忠誠心はあるんだけど、かつて起こったある出来事の傷が残っているような、そんな関係性でもあるの。クリステンは本当に素晴らしい役者だし、キャスティング段階から2人の間にはケミストリーがあったから、実際の自分たちとの関係性も役作りに生かされてると思うわ。

20151120-JessicaJones-main.jpg(C) Netflix. All Rights Reserved.

ーークリステン以外のキャストとの共演はいかがでしたか?

レイチェル:トリシュとの関係性において、もう1人の重要なキャラクターは、作品の後半に登場するウィルという刑事ね。その役を演じたウィル・トラヴァルは、私と同じオーストラリア人だったの。日本の皆さんがアメリカで日本人の方に出会ったら何かを感じと思うけど、どこかで文化的に繋がっているような、そんなケミストリーみたいなものがサブテキストとしてあったのは非常に面白かったわね。2人の関係性にはダークなトーンがあったから、とても演じがいがあったわ。

ーークリステンは、レイチェルや他のキャストとの共演はいかがでしたか?

クリステン:今回の作品は、いろんなことがジェシカの視点から綴られていって、彼女の心象風景をずっと追っていく作品でもある。なので、私はほとんど出ずっぱりで、1人だけのシーンも多かったから、撮影中は孤独な時間を経験することも多かったわ。私はもともと、カフェテリアで女子のテーブルがあったら、フワーッとそっちの方へ行ってしまうような、友達同士で集まるのが好きなタイプなの。だから、撮影でレイチェルと同じ現場になったときは、「レイチェルー!」と叫んで盛り上がってたわね(笑)。共演シーンが割と多かったルーク・ケイジ役のマイク・コルターとも同様で、旧友と再会したかのような感じだったわ。

レイチェル:スイッチをオンオフできるタイプでよかったわね(笑)。

20151120-JessicaJones03.JPGクリステン・リッター、レイチェル・テイラー

ーー今回の原作以外のマーベルコミックを読んだり、これまでに映画化されてきた他のマーベル作品を観たりはしていましたか?

クリステン:実は、初めて読んだコミックが『エイリアス』なの。今回、『エイリアス』で初めてコミックの世界に触れて、とても想像力がかきたてられたし、作品の世界観を体感できたから、子供の頃から読んでいればよかったと思ったわ。『ジェシカ・ジョーンズ』以外で1番好きなマーベル映画は『アイアンマン』ね。トニー・スタークはジェシカと同じような小生意気さを持っているから(笑)。

レイチェル:私もクリステンと似ているわ。私が生まれ育ったオーストラリアのタスマニア州は、大きなコミック文化もなかったから、あまり触れてこなかったの。映画の方では、私も『アイアンマン』が好きだけど、やっぱり『ジェシカ・ジョーンズ』が1番だわ。それだけリアルに響くものがあるから。マーベルが素晴らしいのは、超人的なキャラクターがどうこうというよりも、スーツの中にいる人間、そしてその人間性を掘り下げているところだと思う。そういった意味でも、『ジェシカ・ジョーンズ』が大好き。

      

「クリステン・リッター&レイチェル・テイラーが語る、『ジェシカ・ジョーンズ』とNetflixの挑戦」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版