>  >  >  > Willem Breuker

Willem Breuker

(ウィレム・ブロイカー)

オランダは決してジャズのメッカとして広く知られているわけではないが、実はここ30年ほど非常に活気あるシーンが展開しており、サキソフォン奏者兼バンドリーダーのブロウカーはその間ずっとここで活躍し続けている。彼は60年代後半に黎明期を迎えていたヨーロピアン・アヴァンギャルド・ジャズ・ムーヴメントの主要メンバーとして注目を集め、ドラマーのハン・ベニンクやサックス奏者のピーター・ブロッツマンといったアーティストたちとともに活動し、ホーンを吹き鳴らした。当時の仲間の多くはそのままフリー・ジャズの方向に進んでいったが、彼はより楽曲中心のアプローチを心がけ、そのためシーンにおいてアウトサイダーとしての位置付けが確立してしまい、それは今日も続いている。彼に大きな影響を与えたドイツのクルト・ヴァイル同様、キャッチーなメロディや単純な和声を分かりやすいフックとして使って、より破壊的な風刺に満ちた真の意図を伝える。金管に重点を置いたアレンジや、ずんぐりしたマーチのようなリズムは、割とあからさまなユーモア感覚と同じく、彼のトレードマークである。もし、批評家たちがかつて言ったように、この要素が過剰に思えるのだとしても特に気にする必要はないのだろう。彼自身がケヴィン・ホワイトヘッドにかつて語ったように、「音楽にはもっと下品さが必要」なのだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版