>  >  >  > Underground Resistance

Underground Resistance

(アンダーグラウンド・レジスタンス)

90年にマッド・マイクとジェフ・ミルズにより結成されたアンダーグラウンド・レジスタンス(以下UR)は、ホアン・アトキンス/ケヴィン・サンダーソン/デリック・メイらに続く、デトロイト・テクノ第2世代の旗手として名を馳せる。
初作は典型的な女性ヴォーカル・ハウスであったが、続く「Riot」(92年)、「The Punisher」(92年)、「Fury」(93年)では、政治的メッセージを前面に押し出したアグレッシヴなハード・テクノ・サウンドを展開。デトロイトの都市部に住む貧困層を抑圧するアメリカ政府/デトロイト市警察を批判した。しかし一方では、厳しい現実のなかで微かな希望を託すかのような、力強く美しい未来志向と宇宙観を披露している。特に「Nation 2 Nation」(92年)、「World 2 World」(93年)、「Galaxy 2 Galaxy」(93年)は、”ソウル/パワー/ロマンティシズム”というURの三大要素が見事に凝縮された最高傑作として挙げられる。——こうした彼らの音楽に対する真摯な姿勢は世界各地で感動と共感を呼び、ドイツのアタリ・ティーンエイジ・ライオットを始めとする、数多くのフォロワーを誕生させたのだ。
93年にジェフ・ミルズが脱退。以降はマッド・マイクを中心に、その他のメンバーが入れ替わる流動的なグループとして、Drexiya/Suburban Knight/The Aztec Mystic(DJ Rolando)らと共に、ハードコア/アンダーグラウンド精神のもと強靭なエレクトロニック・サウンドを創造し続けている。——00年、クラフトワーク「EXPO 2000」のリミックスに参加。テクノのオリジネイターとして崇められるクラフトワークとデトロイト・テクノの伝道師URによる夢の共演が実現し、20世紀の最後に大きな感動を与えてくれた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版