> The Feeling

The Feeling

(ザ・フィーリング)

知的でハッピーなメロディー・ラインとコーラス・ワークを一度聴いたら、誰もがイチコロ! 06年8月にアルバム『ザ・フィーリング』(原題:『TWELVE STOPS AND HOME』)でデビューを果たしたロンドン発のソフト・ロック・バンド、ザ・フィーリング。ダン・ギレスピー・セルズ(vo&g)、リチャード・ジョーンズ(b)、ケヴィン・ジェレマイア(g)、キアラン・ジェレマイア(key)、ポール・スチュアート(dr)からなる5人組だ。ELOや10ccを思い起こさせるサウンドだが、明るさとポップさに満ちているもののちょっとセンチメンタルなテイストも感じさせる、まるで太陽が降り注ぐようなフックとコーラス・ワークが彼らの最大の魅力。カヴァー・バンドとしてアルプスのロッジで毎日演奏した経験や、スタジオ・ミュージシャンとしても活動してきた経験が裏打ちしているのだろう。
前述の『TWELVE STOPS AND HOME』はキーンのデビュー・アルバムも手掛けたアンディ・グリーンとの共同プロデュース作だが、ここには美しくポップなサウンドが満載されている。ちなみに、ロンドンの中央部からメンバーが住んでいた郊外の街までちょうど12駅だったこと、この作品がちょうど12曲収録されていることに由来するとか。

The Feelingの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版