> The Dream Syndicate

The Dream Syndicate

(ザ・ドリーム・シンジケイト)

80年代インディーズ・ムーヴメントの火つけ役となったペイズリー・アンダーグラウンド。L.A.を中心に勃興したネオ・サイケデリック現象で、81年に結成されたドリーム・シンジケートはその看板といっていい。彼らが呈示した、ニール・ヤングやヴェルヴェット・アンダーグラウンドから影響を受けたノイズ・ギターにカントリーやフォークといったルーツ・エッセンスを垂らし込んだ音楽性は、プラスティックなポップスが席捲していたシーンのなかで新鮮に響き渡った。80年代後半の解散までにリリースされたオリジナル・アルバムは4枚と少ないが、後のパワーポップやオルタナ勢に与えた影響は見逃せないものがある。
なお、中心メンバーだったスティーヴ・ウィンは現在もシンガー・ソングライターとして活動しており、00年には来日も果たした。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版