>  >  >  > スペースカンフーマン

スペースカンフーマン

(スペースカンフーマン)

95年にヴォーカルの片山智之(現・国庫)を中心に結成。メンバーは片山(vo&g)、A.S.E.(g)、ハジメガネ(b)、2Z(dr)。カオティックなライヴで注目を集め、97年6月に1stアルバム『スポイツ』を発表、ハードコア/テクノ・ポップ/オルタナとさまざまなスタイルを取り込んだバラエティに富んだ内容を見せた。その後、1stアルバムのリミックス盤『スポイ2』をリリース。リミキサーにバッファロー・ドーターのシュガー吉永や竹村延和、ピース・ピルでバンド活動もしている浅野忠信を迎え、インディーズの域を超えた人脈の広さを見せつけた。また、98年には2ndアルバム『ドカリズムワイルド』をリリースし、ひとつのジャンルにとらわれないポップな衝撃を炸裂。ハードコア的サウンドだけでなく、打ち込みなどにも手を伸ばし、新境地を感じさせたのだ。その他、インディーズ活動のみにとどまらず、メジャーのいくつかのオムニバスにも参加している。また、片山はSPOOZYS、A.S.E.はBOAT、ハジメガネはグラフィック・デザイナーと課外活動も活発である。——ハードコアの枠を大きく膨らませる可能性をもったバンドといえるだろう。

スペースカンフーマンの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版