>  >  >  > 四人囃子の情報

四人囃子の情報

(ヨニンバヤシ)

日本のプログレッシヴ・ロックを語る際、絶対に避けて通れないグループが、この四人囃子である。
森園勝敏(g&vo)、中村真一(b)、岡井大二(dr)、坂下秀美(key)が揃い、70年に結成。ピンク・フロイドやキャメルの影響を全身に浴び、73年、シングル「二十歳の原点」にてデビュー。そして翌74年にはジャパニーズ・プログレッシヴの金字塔『一触即発』を大発表する。そこで聴ける、あまりにスリリングで、あまりに実験精神にあふれたサウンド世界は、1stアルバムにして完璧な造形美とオリジナリティをたたえていた。
その後、中村が脱退。佐久間正英が加入。76年には2nd『ゴールデン・ピクニック』をリリースする。しかし同年、中心メンバーの森園がグループを離脱。存続の危機に見舞われるも、新ギタリストとして佐藤満を迎え復活を果たす。以降も、『包(パオ)』(77年)、『NEO-N』(79年)など、先鋭性と高いプレイヤビリティが共存した名盤を輩出した。79年に解散。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版