>  >  >  > Ray Barretto

Ray Barretto

(レイ・バレット)

「ミスター・ハードハンズ」という呼び名にふさわしいバレットは、ジャズ史上もっとも偉大なコンガ奏者であり、ジャズ・アンサンブルにおいてコンガという楽器を必要不可欠なものとする要因となった。伴奏者としては、この上なく完璧なリズムで力強いスラッピングのパターンをいつまでも繰り返し、ノリのいいグルーヴを叩き出す。だが、いったんフィルインやソロなどの機会が訪れると、エキサイティングな新しいリズムやシンコペーションを披露して楽曲を盛り上げる。セッションではウエス・モンゴメリー、ハービー・ハンコック、ディジー・ガレスピー、そしてキャノンボール・アダレイをはじめとする多くのミュージシャンと共演した。また、ジャズのみならずラテン音楽界でもトップ・プレイヤーであり、一時はファニア・オールスターズにロックやソウルの要素を持ち込んで、サルサを牽引していたこともある。バレットはさまざまな音楽分野からの要素を取り入れることを決して恐れない。そして慣習にとらわれることなく、新しいことを始めるのは、ある意味ではいつもバレットであり、だからこそ特別な存在なのだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版