>  >  >  > 吉沢元治

吉沢元治

(ヨシザワモトハル)

60年代に吉屋潤グループでデビュー。北村英治クインテット、沢田駿吾クインテットを経て、フリージャズの世界に進出する。66年には伝説的なエルヴィン・ジョーンズのピット・イン・セッションに参加。さらに、天上桟敷、赤テントなどの劇団と幅広い活動を展開する。70年代に入り無伴奏ベース・ソロを始め、デレク・ベイリー、スティーヴ・レイシー、高橋悠治、灰野敬二らと共演。また、海外のインプロヴァイザーの招聘や、即興のワークショップを行うなど、即興音楽の普及と後継の指導に努めた。ベースやチェロによる彼のインプロヴィゼーションは、精神の奥底に眠る禍々しいものへの不安感を無意識のうちに煽るようだ。——98年9月12日、肝臓癌で死去。闘病中に参加したギャーテーズの渋谷ラ・ママにおけるライヴが最後の演奏となった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版