>  >  >  > 朝日美穂

朝日美穂

(アサヒミホ)

評論家やミュージシャンなど、コアな音楽リスナーから絶大な支持を受けるシンガー・ソングライター。97年に名曲「momotie」にてデビュー。以降、1st『オニオン』、2nd『スリル・マーチ』など異常なまでの完成度を誇る作品を数多く発表している。香り高きフレイヴァーに富んだジャズ/ソウル/ファンク/フォークはもちろんのこと、ニューウェイヴさらには音響系まで貪欲に飲み込み、きっちり消化したサウンド。エキセントリックな雰囲気を残しつつ、聴き手の懐にストレートに飛び込んでくるキャッチーなメロディ・ライン。矢野顕子にも通じる浮遊感たたえたヴォーカリゼイション。——彼女の音楽を構成するすべての要素が、飛び切り素晴らしい。要するに天才なのだ、彼女は。
とにかく、一般的な成功に至ってないのが甚だ残念である。リッスン・ジャパン編集部が猛烈に押したいアーティストのひとりだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版