> Johnnie Taylor

Johnnie Taylor

(ジョニー・テイラー)

「生涯現役」という言葉ほど重い言葉は滅多にあるものでない。死ぬ寸前までなにかに打ち込むことは、万人の夢だろう。だからジョニー・テイラーの人生が羨ましい。
オーティス・レディングの死後、<STAX>レーベルの第2黄金期は、ジョニー・テイラーが歌う「フーズ・メイキン・ラヴ」(69年)によって幕を開けた。時代のトレンド=ファンク・サウンドを取り入れたこの曲は、それまでのシンプルで泥臭い<STAX>カラーとは異なる、新たなサザン・ソウルのかたちを示し出した。
テイラーはもともとサム・クックの後任としてゴスペル・グループ=ソウル・スターラーズに加入していたシンガーだ。<STAX>からソロ・デビューを果たしたのは66年。当初はブルース・アーティストとして売り出されたが、ソウル・シンガーに路線を変更、先述の「フーズ・メイキン・ラヴ」が大ヒットを記録してテイラーの名は全国的(世界的)なモノになった。以降、ゴスペルで鍛え上げられたノドから搾り出すような歌声で、ディープなバラード〜ジャンプ・ナンバーなど数々の名唱を披露した。
その後<STAX>の倒産に伴い<COLUMBIA>に移籍。同レーベルから放たれたシングル「ディスコ・レディ」(76年)では、当時ミュージック・シーンを席巻しつつあったディスコ・サウンドに果敢にチャレンジ。テイラーのブルージーなヴォーカルとディスコ・ビートという、水と油のようにも思えるテイストを折衷させたこの曲は、見事ヒット・チャートNo.1を獲得した。
80年代に入るとテイラーは自身のルーツに立ち返り、ブルース/ソウル・シンガーという立ち居地を再確認。サザン・ソウルの第一人者としての地位を揺るぎないモノとした。
しかし、幾ら素晴らしい功績を積み上げてきた人間でも、人間である限り、生命力には限界がある。00年5月、心臓発作により死去。62歳だった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版