> John Cale

John Cale

(ジョン・ケイル)

ウェールズ生まれのジョン・ケイルは、無名ながらもアメリカン・ロック・シーンに影響を与えた人物。彼はクラシック音楽の天才としてレオナード・バーンスタインや アーロン・コープランドの注目を浴び、ブライアン・イーノ、ザ・ストゥージズ、ジョナサン・リッチマン、パティ・スミスと共演して、ニューウェイヴ/パンクロック・ムーヴメントを巻き起こした。また、ルー・リードにクビにされるまでは、ヴィオラ奏者としてヴェルヴェット・アンダーグラウンドのオリジナル・メンバーだったのだ。
彼のソロ作品のほとんどは、ジョン・ケージよりもニック・ドレイク寄りといえるだろう。感受性の強いソングライターだが、暗く芸術的な切り口のせいでメインストリームでの成功は難しそうだ。彼の鋭い感性は他のミュージシャンとの共演によって前面に押し出される。そして、耳ざわりの良いメロディを奏でる責任から開放されたとき、ケイルの才能もワイルドに羽ばたいてゆく。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版