>  >  >  > Henry Rollins

Henry Rollins

(ヘンリー・ロリンズ)

所狭しとタトゥーが彩る筋肉質な肉体、ギッと客を睨みつけたかと思いきや次の瞬間ニカッと笑い「オマエラサイコー!」とのたまう豊かな感情起伏、そして、ライヴ中に出る唾と汗の量世界一(?)。さて、誰でしょう? は〜い、ヘンリー・ロリンズ大先生どえっす(クラス全員で)。
81年からブラック・フラッグのヴォーカリストとして活躍し、86年の解散後は自らの名前を冠した、ロリンズ・バンドを率いるヘンリー・ロリンズ。音楽活動以外にも、類稀なるナイス・キャラを存分に生かした俳優業に着手する。シリアスな警官役なんかをやられた日にゃあ、あまりのギャップに全オルタナ・ファン抱腹絶倒である。また、彼のマッチョイズムはあからさまなフィジカル面だけではない。過去を省察し、自らの生き方を否定しながら”現在”に向き合うストイックな姿勢——。まるで自己啓発のような彼のスポークン・ワードは、鬼気迫る説得力をもって聴くもの(←ロリンズ信者)に浴びせかけられるのだ。
“屈強な身体には、屈強な精神が宿る”という言葉は、この人にこそふさわしい。全国の貧弱な野郎ども(筆者も含む)、ロリンズ先生を見習え!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版