> George Winston

George Winston

(ジョージ・ウィンストン)

至高の現代作曲家そして演奏家でもあるジョージ・ウィンストンは、これまで商業的にも批評的にも大きな成功を収めてきた。軽快で聴くものをうっとりとさせるピアノ・スタイルは、印象派の絵画から感じられるような季節感あふれるイメージを喚起させ、彼のレーベル「ウィンドハム・ヒル」そのものをズバリ表現しているかのようだ。ジャズ、ブルース、ポップ、フォークとさまざまなジャンルを参考に、簡素さとダイナミックさ、そして感動が入り交じった作品を世の中に数多く送り出している。新作発表まで長いインターバルがある理由も、かなり私的で聴くものの精力をすべて吸い取ってしまうくらいパワフルな彼の音楽を聴けば納得のいく話だろう。また、映画音楽の作曲家としても活躍しており、主な作品に『ザ・ヴェルヴェティーン・ラビット』『サダコ・アンド・ザ・サウザンド・ペーパー・クレインズ(さだ子と千羽鶴)』などがある。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版