>  >  >  > 日之内エミ

日之内エミ

(ヒノウチエミ)

ソウルフルな歌声が魅力の女性ヴォーカリスト。大阪府出身だが、4歳から14歳までの時期を台湾で過ごす。そこで洋楽に目覚めると同時に、日本をはじめアジアの音楽に触れる。帰国後、大阪のインディーズ・バンド、ぶらんこにヴォーカリストとして参加。その後、m-floの☆Takuが開催したオーディションに参加し、見事合格。
02年、☆Takuが主宰するレーベル<Tachytelic Records>より両A面シングル「Magic/World」でメジャー・デビューを飾る。03年には、オーディションで歌った15歳の時の自作曲「Painful」をシングルでリリースした他、1stアルバム『Dramatiques』も発表。また、m-floをはじめとする他アーティストとのコラボレーションも精力的に行っており、SOUL’d OUT、Heartsdales、TERIYAKI BOYZ等の作品でその歌声を聴くことができる。
07年、レーベルを<Venus-B/KING RECORDS>へ移籍し、シングル「O’kay」リリースのタイミングでアーティスト名を本名:日之内絵美から日之内エミに改名。
08年、m-floベストアルバム『Award SuperNova -Loves Best-』の新曲リード曲にLovesアーティストとして参加。また、☆Takuプロデュースによるシングル「愛だけが」をリリースし、穏やかで美しいアコースティック・サウンドが各方面で好評を博す。同年11月のシングル「片想い」に続き、12月には約5年振りとなるアルバム「ME…」をリリース。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版