> デューク・エイセス

デューク・エイセス

(デューク・エイセス)

ダークダックス、ボニー・ジャックスと並び日本3大コーラス・グループの1つに数えられるデューク・エイセス。文化庁芸術祭賞ほか数々の賞に輝き、『紅白歌合戦』には9回出場という履歴を誇るベテランである。
50年代のデビュー当時は黒人霊歌をメインに歌っていた。しかしキャリアを積み重ねていくうちにジャズ、ポピュラーなどの他ジャンルにもレパートリーを拡げていき、現在までに1500曲以上のナンバーを歌いこなしてきたという。なかでも民謡や童謡を取り上げた『にほんのうた』シリーズは各方面から高い評価を得た。また、東南アジア、オーストラリアなど海外での公演活動にも熱心で、82年には米国テネシー州で開催されたワールド・フェアーに1週間出演を果たすという快挙を成し遂げる。90年には結成時からのメンバーであった谷口安正を脳内出血で失うが、その後も新たなメンバーを加えて活動を継続中。結成40年を越えて今なお変わらないパンチの効いたコーラスは驚嘆に値する。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版