>  >  >  > Charlie Christian

Charlie Christian

(チャーリー・クリスチャン)

わずか24歳で早逝してしまうが、ジャズ界に革命を起こした不世出のギタリスト。それまで単にリズムを刻むだけであったギターを、メロディ楽器として成立させた功績は余りにも大きい。
幼少時代をオクラホマで過ごし、父母がミュージシャンであったことから自らも楽器をたしなむようになる。兄弟グループを組みローカル・シーンで活躍していたが、その独創的なプレイが大物プロデューサー、ジョン・ハモンドの目に止まり、彼の引きでベニー・グッドマン楽団に参加。初顔合わせの時、グッドマンと延々45分のバトルを繰り広げたエピソードは有名だ。ここで脚光を浴びたクリスチャンは、ニューヨークのクラブで夜な夜なセッションを繰り広げ、ビ・バップの誕生に立ち会うことになる。
短命のため、録音はベニー・グッドマン楽団時代のものがほとんどだが、ホーン・プレイヤーからの影響を昇華したシングル・トーンのギター・ソロは今聴いても斬新であり、モダン・ジャズ・ギターはクリスチャン1人で完結してしまったといっても過言ではない。
また、ジャンプ・ブルースやロックンロールに与えた影響も見逃せない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版