> Billy Preston

Billy Preston

(ビリー・プレストン)

ロック・ファンにとってはビートルズの『レット・イット・ビー』、または70年代ローリング・ストーンズの録音/ツアーでもお馴染みのキーボーディスト。しかし、それは一側面でしかなく、他に彼が共演したアーティストを並べてみれば、リトル・リチャード/レイ・チャールズ/サム・クック/アレサ・フランクリン/スライ・ストーン/クインシー・ジョーンズ/ボビー・ウーマック……とブラック・ミュージック界の大御所がズラリ。言ってみればセッション・ミュージシャンのスーパースターなわけだが、これだけ引く手あまたな才能の持ち主だけに、ソロ・アーティストとしても素晴らしい作品を残している。
特に70年代には、インスト・チューン「Outa-Space」(72年)を皮切りに「Will It Go Round in Circles」(73年)、これまたインストの「Space Race」(74年)、「Nothing from Nothing」(74年)といったビッグ・ヒットを放つ。また数々のアーティストにカヴァーされた名バラード「You Are So Beautiful」が生まれたのもこの頃だ。ニューソウル時代に対応すべくクラヴィネットやシンセサイザーを多用しつつも、教会の熱狂をそのままファンク・フォーマットに移行したサウンドとアドレナリン過多のエネルギッシュなヴォーカルが絡むゴスペル・ファンクは失神必至!
80年代にはシリータ(スティーヴィ・ワンダーの元妻)とのデュエットでヒットを飛ばすが、現在はゴスペル畑で活動中だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版