>  >  > 超特急、ライブで強めた存在感とチームワーク

超特急、ライブで強めた存在感とチームワーク アリーナツアー『the end for beginning』レポ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年12月24日~2018年1月6日にかけて全国3カ所で行われた超特急史上最大規模のアリーナツアー『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning』。クリスマスの24日・25日(幕張メッセイベントホール)、年末の27日(横浜アリーナ)・30日(日本ガイシホール)、そして年始の6日(大阪城ホール)で演出が異なり、メンバーのユーキが総合演出に名を連ねたほか、カイとタクヤ(以上メインダンサー)が衣装を、タカシ(バックボーカル)が8号車へのプレゼント(記念乗車券)をプロデュースするなど、メンバー全員がライブ制作にかかわることがアナウンスされていた。やや意味深なタイトルや、先日のリアルサウンドのインタビューで語っていた「これからの僕らは、もっと攻めていきたい」(ユーキ)という予告は、どのように体現されていったのだろうか。ここでは12月27日の横浜アリーナ公演を中心に考察したい。

 既報の通り27日の開演前リハーサルでユーキが脚を負傷し、この日以降は一部演出を変更して行われた同ツアー。開演前の会場アナウンスを担当したのはガリガリ担当(美声担当でもある)のリョウガ(メインダンサー)だった。この日は一通りの注意事項を読み上げたのち、「今日来てくださった8号車(超特急ファン)のみなさまの最高の思い出になるように、絶対します!」と宣言。

 クリスマス公演のセットは雪の結晶をモチーフにしたようなきらびやかなものだったが、この年末公演では一変して宇宙ステーションのような重厚感のあるセットに。ユースケ(メインダンサー)プロデュースによるオープニング映像は、メンバーが宇宙船の乗組員に扮するというものだった。ここで思い出されるのが、2015年春に行われ、やはり宇宙空間を舞台にメンバーたちが宇宙海賊・KABA.(KABA.ちゃん)と戦うストーリーだった『BULLET TRAIN ONEMAN SHOW SPRING HALL TOUR 2015 “ 20億分のLINK 僕らのRING ”』だ。クリスマス公演では2014年の東京国際フォーラム公演『BULLET TRAIN ONE MAN “CHRISTMAS” SHOW 3rd Anniversary Special!!!!!!!!〜聖なる一夜〜』を彷彿とさせるようなクリスマスソングメドレーやタップなどのスペシャルなダンスパフォーマンスが披露されており、過去公演のいわゆるリプライズ企画的な側面もあったのだろうと思われるが、そこに込められた意図が気になった。

 この日の1曲目は、クリスマス公演ではアンコールの最後に披露された新曲「The End For Beginning」。公演のテーマでもあるスペイシーなサウンドに加え、序盤や間奏などブロックごとにさまざまな顔を持つ同曲では、コーイチ(バックボーカル)が作詞を、ユーキが振付を担当。超特急というグループのたどって来た紆余曲折を歌いつつ、<偽りの自分を捨てTransform! 戦い続ければいい 誰もいない道へ進む勇気 We gotta go ahead>とグループが新たな方向を目指して進みつつあることを示唆した同曲。その世界観を受けたダンスパフォーマンスは、メンバーそれぞれが悩みもがく様子や全員で一つのシチュエーションを表現するような組み技などドラマ性を持たせたもので、4分半という長さの中に映画や演劇のような情報量を凝縮した世界観で8号車たちの度肝を抜いた。

 冬にちなんだ楽曲が集中したクリスマス公演とはセットリストも異なり、序盤に「Star Gear」「Time Wave」「panipani」などエレクトロ色の強い初期の人気楽曲が並んだのも印象的だった。ユーキは得意のアクロバットは控えたものの、表情の豊かさや上半身の動きのダイナミックさでもパフォーマンスをカバーし、傍目にはケガがわからないレベルでパフォーマンスに参加。ステージが炎の特効に包まれたセンター曲「Beautiful Chaser」では、黒子たちに鎖で拘束されるものの曲の最後で見事にすりぬけるというイリュージョンにも挑戦した。

 この年末公演では複数のセンター曲が組み込まれ、しかも同ツアーの総合演出を担っている彼の悔しさは察するに余りあるものがあったが、他の6人がさまざまな形でユーキを励ましつつ全力でサポート。例えばコール曲としておなじみの「Drive on Week」などではユースケやカイのリードにより、通常は8号車が他のメンバーの名前をコールする箇所でユーキの名前が会場内に響きわたった。また普段はユーキがバク転などで魅せる「UNKNOWN…」では不参加のユーキに代わってユースケがロンダートを決めたりと、パフォーマンス面でも奮闘。ユーキとは超特急結成以前からの付き合いであるリョウガも「My Buddy」でのペアダンス時にフォローを入れ、メンバーから1人をパートナーに選ぶ「超えてアバンチュール」でユーキをハグするなど、鉄壁のコンビネーションを見せていた。

 そしてこの年末公演の見どころの一つと言えたのがユーキのセンター曲「Gravitation」でのトランポリンを使ったパフォーマンス。“重力”を意味する曲名にちなみ、トランポリンで重力に対抗したこのコーナーでは、ユースケやタカシがトランポリン上でのバク転や縄跳びを披露。ユーキとともに高さ2mのトランポリンの壁を超える大技に挑戦するはずだったタクヤは、ユーキの不在を埋めるように1人でこの壁を登りきり8号車から惜しみない拍手を贈られていた。このコーナーでは、2015年のクリスマス公演『超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜』でのトランポリンダンク(トランポリンを使いバスケットのゴールにダンクシュートを入れていくパフォーマンス)を思い返していた8号車が多かったに違いない。公演初日にうまくダンクが入らなかったことはメンバーにとっても苦い経験として残っているはずだが、彼らはそんな過去の壁をも超えようとしているのだろうと感じた。

      

「超特急、ライブで強めた存在感とチームワーク アリーナツアー『the end for beginning』レポ」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版