>  >  > 『紅白歌合戦』今年の曲目傾向は?

『NHK紅白歌合戦』曲目発表 2016年の傾向は?

関連タグ
星野源
RADWIMPS
いきものがかり
TOKIO
KinKi Kids
THE YELLOW MONKEY
椎名林檎
香西かおり
宇多田ヒカル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年12月31日放送の『第67回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)出場歌手の曲目が発表された。

 星野源がドラマ『逃げ恥』人気とともにヒットさせた「恋」、初出演となるRADWIMPSが映画『君の名は。』主題歌「前前前世[original ver.]」を歌唱予定で、まさに2016年の総決算といえる楽曲が選ばれた。一方でTOKIOは「宙船」、いきものがかりは「SAKURA」が選ばれていたり、AKB48、PUFFY、嵐、福山雅治がスペシャルメドレーを披露するなど、様々な世代が揃って楽しむ番組の特徴に合った、誰もが知る代表曲が選出される傾向も見られる。

 初出演組に目を向けると、KinKi Kidsは「硝子の少年」、欅坂46は「サイレントマジョリティー」とデビュー曲の歌唱を予定する一方で、THE YELLOW MONKEYは活動休止前の楽曲「JAM」を披露する。また、椎名林檎は「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO 2016-」、三代目 J Soul Brothersは「Welcome to TOKYO」、福田こうへいは「東京五輪音頭」と早くも2020年の東京オリンピックを意識した楽曲が目立った。これは今年のテーマが「夢を歌おう」であるためだろう。さらに、関ジャニ∞「ズッコケ男道~紅白で夢を歌おう~」、桐谷健太「海の声~みんなの海の声バージョン~」、Sexy Zone「よびすて 紅白 ’16」、香西かおり「すき~真田丸スペシャル Ver.~」といったこの日限りのスペシャルバージョンでの楽曲披露も予定されており、1年の締めくくりにふさわしい華やかな番組内容になりそうだ。

 なお今回初出演を果たす宇多田ヒカルは、中継でNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌「花束を君に」を披露する予定とのこと。歌唱順の詳細は未定となっている。

(文=村上夏菜)

■曲目情報
※カッコ内は出演回数
<紅組>
AI(2)「みんながみんな英雄」
絢香(8)「三日月」
E-girls(4)「DANCE WITH ME NOW!」
いきものがかり(9)「SAKURA」
石川さゆり(39)「天城越え」
市川由紀乃(初)「心かさねて」
宇多田ヒカル(初)「花束を君に」 ※中継
AKB48(9)「夢の紅白選抜SPメドレー」
大竹しのぶ(初)「愛の讃歌」
欅坂46(初)「サイレントマジョリティー」
香西かおり(19)「すき~真田丸スペシャル Ver.~」
坂本冬美(28)「夜桜お七」
椎名林檎(4)「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO 2016-」
島津亜矢(3)「川の流れのように」
高橋真梨子(4)「ごめんね…」
天童よしみ(21)「あんたの花道」
西野カナ(7)「Dear Bride」
乃木坂46(2)「サヨナラの意味」
PUFFY(初)「PUFFY 20周年紅白スペシャル」
Perfume(9)「FLASH」
松田聖子(20)「薔薇のように咲いて 桜のように散って」
水森かおり(14)「越後水原~白鳥飛翔~」
miwa(4)「結 -ゆい-」

<白組>
嵐(8)「嵐×紅白スペシャルメドレー」
五木ひろし(46)「九頭竜川」
X JAPAN(7)「紅」
関ジャニ∞(5)「ズッコケ男道~紅白で夢を歌おう~」
桐谷健太(初)「海の声~みんなの海の声バージョン~」
KinKi Kids(初)「硝子の少年」
郷ひろみ(29)「言えないよ」
三代目 J Soul Brothers(5)「Welcome to TOKYO」
THE YELLOW MONKEY(初)「JAM」
SEKAI NO OWARI(3)「Hey Ho from RPG」
Sexy Zone(4)「よびすて 紅白 ’16」
TOKIO(23)「宙船」
AAA(7)「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」
氷川きよし(17)「白雲の城」 ※中継
V6(3)「Smile!メドレー」
福田こうへい(3)「東京五輪音頭」
福山雅治(9)「2016スペシャルメドレー」 ※中継
星野源(2)「恋」
三山ひろし(2)「四万十川~けん玉大使編~」
山内惠介(2)「流転の波止場~究極の貴公子編~」
ゆず(7)「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」
RADWIMPS(初)「前前前世 [original ver.]」
RADIO FISH(初)「PERFECT HUMAN」

『第67回NHK紅白歌合戦』公式サイト

「『NHK紅白歌合戦』曲目発表 2016年の傾向は?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版