>  >  > 嵐が後輩たちに与えた影響(後編)

『嵐はなぜ最強のエンタメ集団になったか』先行公開PART.4

嵐がジャニーズの後輩に与えた影響 各メンバーの姿勢はどう引き継がれていったか(後篇)

関連タグ
アイドル
ジャニーズ
佐藤結衣
嵐はなぜ最強のエンタメ集団になったか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 嵐が日本一の男性アイドルグループとなった理由を、音楽性、演技・バラエティ、キャラクター、パフォーマンスという4つの視点から読み解いた書籍『嵐はなぜ史上最強のエンタメ集団になったか』が、4月16日から17日にかけて、全国書店やネット書店で発売される。同書はリアルサウンド編集部が制作を手がけ、青井サンマ氏、柴 那典氏、関修氏、田幸和歌子氏、成馬零一氏、矢野利裕氏など、嵐に詳しい気鋭の評論家・ライターが寄稿。嵐の魅力を多彩な角度から解き明かしている。

 書籍の発売に先がけ、先日公開した【嵐が次にめざす方向性とは? “日本一のエンタメ集団”を徹底分析する書籍登場】【嵐の楽曲はどう“面白い”のか? 柴 那典×矢野利裕がその魅力を語り合う】【嵐がジャニーズの後輩に与えた影響 各メンバーの姿勢はどう引き継がれていったか(前篇)】に続き、嵐の各メンバーがジャニーズの後輩たちに与えた影響を、人気ライターの佐藤結衣氏が読み解いたコラムの後篇をお届けする。(編集部)

一生懸命さが実を結んだ相葉雅紀

 いつでも体当たりで天真爛漫。狙っていないのに周囲に笑顔を呼び起こす、純朴で素直な人。相葉を象徴するのは、そうした言葉ではないだろうか。肩肘をはることなく、目の前にあることに対して常にポジティブに取り組むのが相葉という人間だ。例年、京セラドーム公演のさい、共演するバンドメンバーやスタッフや後輩のJr.たちに、たこ焼きを焼いて振る舞っていたなどというエピソードが多いのも、相葉らしいところ。何歳になっても少年の心を忘れない相葉の行動は、芸能界だけではなく社会のなかでも珍しいだろう。

 だが、その無邪気な姿は、アイドルというきらびやかな世界の中で、いつも素を見ているような安心感を与える貴重な存在だ。バラエティ番組『天才!志村動物園』でも、当初パネラーとしての出演のみだったにも関わらず、体当たりロケが好評で司会に抜擢された。動物と触れ合うための道具や小学生の自由研究のような実験を、いつでも前向きにトライしている姿は、バラエティ出演のよい例として後輩たちに映ったはずだ。

 そして、現在『ヒルナンデス!』にレギュラー出演している有岡大貴(Hey!Say!JUMP)は、まるで相葉の若きころを見ているかのような感覚になる。ロケ先で店舗の撮影交渉に挑んだり、ほとんど経験のない食レポに勢いでチャレンジしたり。懸命にミッションをクリアしようと挑む姿が、好感を呼んでいる。

 そして、誰よりも自分自身が楽しんでしまっているというのが、彼らの強み。どんなムチャぶりでも、誰かが喜んでくれるのならと一生懸命なのだ。

 相葉ががんばればがんばるほど、そして徐々に成長して報われるところが見えると、視聴者もなぜか救われた気持ちになるのだ。それは、一見「ふだんの生活で見つけたイケメン」という身近な存在に思われがちなところに要因があるのではないか。「私の知っている人」、「私が見守ってあげなければ」という気持ちが芽生えるような気がする。

 しかし、誰からも愛されるキャラクターのなかには、たしかにひとりの男性としての実力を持ち備えているのが、相葉のにくいところ。歌えば、技術ではないエネルギーや色気を感じるし、芝居をすれば「こういう人いる」と思わせるほど、自然と世界観に溶け込む。ストーリーにすんなりと入れる魅力的な演技をするのだ。

 いつもまわりを笑顔にしたいという姿勢が、メンバーを、共演者を、そして見ているすべての人を巻き込んでいく力に変わる。相葉のアイドルという仕事に対する姿勢が、何歳になっても、そしてどんな状況であってもブレないのはそういう理由だろう。相葉の姿を見ていると、アイドルの基本とも言えるそのスタンスこそが最大の武器だといえる。おそらく相葉自身の成功は、純粋にトップアイドルを目指す後輩たちにとっても希望の光になっているに違いない。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版