>  >  > HARE NOVAライブレポート

宇野維正のライブオーディション『HARE NOVA』レポート

『HARE NOVA Vol.04』ライブレポート 「新世代のアーティストが次から次へと出てきている」

関連タグ
住岡梨奈
UNISON SQUARE GARDEN
オーディション
ライブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140419_harenova2.jpg

 会社設立40周年を迎えるソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)が、4月から7月にかけて展開するライブオーディションシリーズ『HARE NOVA』(ハレノヴァ)。その第4回目『HARE NOVA Vol.04』が7月16日、渋谷clubasiaで開催された。SMAは奥田民生氣志團YUKI木村カエラ西野カナ等、100組以上のミュージシャン、俳優、タレント、芸人、文化人などが在籍するマネジメントオフィス。この『HARE NOVA』は、合計4回の各回から選ばれたアーティストが8月に行われる渋谷TSUTAYA O-EASTのファイナルステージに出演し、そこで選出されたアーティストが9月に行われるSMA主催の日比谷野外音楽堂にオープニングアクトとして出演できるというものだ。
HARENOVA オフィシャルHP:http://sma40th.com/harenova/

 リアルサウンドでは前回に続き、イベントにゲストウォッチャーとしても参加した音楽ジャーナリストの宇野維正氏によるライブレポートを掲載する。「HARE NOVA」の趣旨についてはこちら。(編集部)

・出演アーティスト
ShiLock
中村佳穂
Marmalade butcher
BELLRED
もしもしくじら
住岡梨奈(ゲストアクト)

・ゲストウォッチャー
中山道彦(ソニー・ミュージックアーティスツ)
堂島孝平(ミュージシャン・音楽プロデューサー)
大森ゆかり(ソニーミュージックアーティスツ)
寺林拓人(ユニバーサルミュージック ZEN MUSIC)
宇野維正(音楽ジャーナリスト)

ShiLock

140819_01_ShiLock.JPG

 2014年1月に結成されたばかりの4人組バンド、ShiLock。全員現役の大学生で、メンバーの平均年齢は20歳。ハードロックをベースにしたシンプルで骨太の楽曲、真っ直ぐな歌詞。まさに正統派ロックバンドと呼ぶに相応しい彼らは、この日のステージでも時折オーディエンスを煽りながら堂々としたパフォーマンスを披露してくれた。タンクトップ姿で歌い上げるボーカルのCameron、フライングブイでギターソロをかき鳴らすギターのSada。ベタと言えばこれ以上なくベタだが、そこにはベタであることを突き詰めようという覚悟が伺えた。

■ゲストウォッチャーコメント
中山道彦「日本のバンドシーンって、こういう正統派のバンドが異端だったりするんですよ。だけど、こういうバンドは売れる時はものすごく売れるので、諦めずに続けてほしい。このバンドにしか出せない個性を出せた時に、正統派であることが活きてくると思います」
寺林拓人「ボーカルのCameronくんが非常にイケメンだなぁと(笑)。そのカッコよさをステージ上でどのようなパフォーマンスをすれば映えるのか研究していけば、それが個性や音楽のバリエーションにもつながっていく気がします」

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版