>  >  > 乃木坂46高山のドケチ節約術とは?

乃木坂46高山の貯金額にバナナマン設楽が驚愕 『乃木どこ』でドケチな節約術明らかに

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
乃木坂って、どこ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年4月20日放送の『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)にて、乃木坂46のメンバーが抱いている疑惑をスッキリさせる企画「あの疑惑に白黒つけよう! 乃木坂法廷」が放送された。

 今回、同番組から「ドケチ疑惑」があるメンバーとして紹介されたのは、乃木坂46のムードメーカーとして、いつも番組を盛り立てている高山一実。

 過去に放送されたマカオロケでは、1000円で購入したワンピースと、500円のファーのみという私服コーディネートを披露した高山。その他にも、先日放送されたバレンタイン企画では、他のメンバーがアクセサリーや美容セットなどのプレゼントを用意するなか、高山は700円のストッキング一枚しか用意していなかったことなどから、今回の疑惑が上がったという。

 冒頭、高山はこの疑惑に対し「満場一致で無罪な自信があります」と行ったものの、番組MCのバナナマン設楽統から「ケチなの?」と聞かれて「ケチです。でも節約家なんです。いい奥さんになれそうです」と答えるなど、自覚はあるものの、ポジティブに受け取っているようだった。

 同番組では、他のメンバーの証言をもとに高山の疑惑を追求。まず1人目の証言者として証言台に立った能條愛未は、「乃木坂46は握手会が多いので、洋服の出費がすごく多い。だからなるべく安い服を買うために、セールの時にしか服は買いに行かないんです。そしてそのセールに一番詳しいのは高山さん。セール期間まで知ってて教えてくれるんです」と、メンバーにとっては頼れる存在であることを明かした。これに対し、バナナマンの日村勇紀から「それって良いことなんじゃないの?」と指摘された能條は「全体的に安い服しか着てないように見せかけて、スカートだけブランド物を混ぜて、まるで高価な服を着ているように見せている」と続けるも、結果的に高山の株を上げただけで終わってしまった。

 続いて、衛藤美彩から「服を高く買ってもらうためなのか、買った服のタグを切らない。タグを付けたまま握手会に出てる」と告白されると、高山は「タグを付けたまま洗濯すると、紙がグシャっとなるので、洗濯しないで古着屋さんに売ってる。クリーニングしてから売ったら高く売れるけど、クリーニング代を考えるとそのまま売った方が高いので」と、節約術の一環であることを語り、メンバーを感心させた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版