『水溜りボンドのANN0』第16回おさらい トミー“ポルシェ購入”&カンタ“インスタ乗っ取られ”の真相

カンタ、インスタアカウントを乗っ取られる

アカウントが本当に乗っ取られてしまいました。

 7月9日放送のラジオ終了直後、水溜りボンドとしてカンタが運営していたInstagramアカウントが乗っ取られるという事件が起こった。異変に気づいたのは帰りのタクシー内で、その時には自分の投稿写真が一枚一枚消されていくのを震えながら確認するしかない状況だったようだ。早朝だったが、すぐに相方トミーに連絡。しかし、「先ほど別れてすぐのカンタが、この短時間で何をそんなデカいことをやらかしたんだ?」と疑問に思うしかないトミー。ガチで焦るカンタの様子はYouTubeに動画として収められているが、注意喚起のためにその手口をまとめておこう。

 事の発端は、Instagramから著名人やインスタグラマーに送られる“公式マーク”が付けたいと考え、Instagramの公式応募フォームに申請を出していたことから始まる。運悪く、そのタイミングで“Instagram”と名乗るアカウントからカンタのスマホ宛てに「公式マークを付けますのでパスワードを送ってください」と連絡が入ったのだ。なんの疑いもなく、パスワードを送ったカンタだったが、このアカウントがどうやら、なりすましの詐欺だったようで、カンタのアカウントはすぐにパスワードやID、電話番号などを変えられ、本人がログインできない状態に。ファンからの「カンタさん、インスタグラムが!」という報告メッセージが殺到する中で、カンタはどんどん操作されていく自分のアカウントをもはや見ていることしかできなかった。

 YouTuberとしてインターネットに精通し、二段階認証までしていたカンタの用心深さでも騙されてしまったポイントは2つ。まず、なりすましのアカウントにフォロワーが1万人いたこと。ただ、そのアカウントも元をたどれば有名なインスタグラマーから乗っ取ったものかもしれない。そして、もう一つ、上述のようにタイミングが申請と運悪く重なってしまったことだ。

 手口としては、フォロワーのが多く、まだ公式マークが付いていないアカウントに、片っ端からメッセージを送っているようだ。結果的に、事務所などの早急な対処で、現在カンタのアカウントや投稿画像は復旧したが、フォロワーの少ない私たちも他人事ではない。乗っ取りまではいかないものの、筆者も海外の卑猥なアカウントから自身の写真に無差別にアカウントの“タグ”を貼り付けられ、リンクされるというようなことがあった。対処としてはブロックやタグの削除、Instagramへの報告になるのだが、対処しても対処しても毎日同じようなアカウントから“タグ”づけされるという悪夢のような期間があった。しかし不審な動きが自分のアカウントに生じたら、絶対に無視せず対処すべきである。そのまま被害が大きくなることもありうるからだ。皆さんもぜひ注意していただきたい。(カンタさんのアカウント、消えなくて良かったー!)

今週リクエストされた楽曲をチェック!

 『水溜りボンドのオールナイトニッポン0』では、Twitterのハッシュタグ #水溜りボンドANN0 でリクエストされた楽曲を放送でかけるといった試みを実施中。なかなか良い選曲なので、彼らの番組を隅々まで楽しみ尽くしたい人はチェックしておくといいだろう。

「イルカ」SOUL’d OUT
「夏のまほろ」ハルカミライ

■こたにな々
神戸出身・東京在住のフリーライター。音楽やアート、YouTuberのライブレポートやインタビューを執筆。詩人としても活動中。

<これまでの振り返り>
第1回おさらい バズを起こした初回放送の内容は?
第2回おさらい “ガチ勢”リスナーとのバトル!
第3回おさらい ナイナイ岡村との距離は縮まるか?
第4回おさらい 輝き出したフリートーク
第5回おさらい リスナーにいじり倒されるトミー
第6回おさらい 三四郎・相田に発見されたふたり
第7回おさらい なぜトミーは「大根」に?
第8回おさらい 三四郎・相田との“プロレス”の行方は?
第9回おさらい 敬愛するHIKAKINを語る
第10回おさらい 三四郎・相田と“直接対決”へ!
第11回おさらい トミー&しゅーじまんの“和解”が成立
第12回おさらい 神木隆之介のYouTuberデビューに大興奮
第13回おさらい カンタが星野源に“謝罪”
第14回おさらい 星野源とのコラボが実現不能に?
第15回おさらい カンタ、ジャニーズとの交流明かす
第16回を「radico」のタイムフリー機能で聴く

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる