『水溜りボンドのANN0』第12回おさらい 神木隆之介のYouTuberデビューにトミー大興奮

 人気YouTuberコンビ・水溜りボンド(カンタ、トミー)がMCを務める『水溜りボンドのオールナイトニッポン0』第12回目が6月18日放送された。ANN史上初のYouTuberレギュラーパーソナリティーとして注目を集めているラジオ番組をさらに楽しむために、今晩の放送を前に第12回放送の振り返りと今後に向けたポイントをお伝えしたい。

<これまでの振り返り>
第1回おさらい バズを起こした初回放送の内容は?
第2回おさらい “ガチ勢”リスナーとのバトル!
第3回おさらい ナイナイ岡村との距離は縮まるか?
第4回おさらい 輝き出したフリートーク
第5回おさらい リスナーにいじり倒されるトミー
第6回おさらい 三四郎・相田に発見されたふたり
第7回おさらい なぜトミーは「大根」に?
第8回おさらい 三四郎・相田との“プロレス”の行方は?
第9回おさらい 敬愛するHIKAKINを語る
第10回おさらい 三四郎・相田と“直接対決”へ!
第11回おさらい トミー&しゅーじまんの“和解”が成立
第12回を「radico」のタイムフリー機能で聴く

しゅーじまんゲスト回の後日談

 前週、初のゲスト回として、“しゅーじまん”こと三四郎・相田周二、そして小宮浩信の二人が出演した。数週間にわたってラジオで繰り広げられてきた、トミーとしゅーじまんのプロレスバトルがついに和解となり、動画内でのコラボの約束も結ばれた。そして第12回放送ではその後日談が話された。

 トミーの家でコラボ動画を撮るといった約束だったので、現在トミーはしゅーじまんとTwitterのダイレクトメールで(やはりLINEは教えてもらえなかったのだろうか……)、お互いの家の住所などのやり取りをしているようだ。そして、なんと二人の家は目と鼻の先で、トミーいわく「雨が降ってても走っていけばギリ濡れないくらいの距離」というご近所さんだったとか。いつでもコラボ撮れるじゃん! と歓喜した筆者だったが、現在コロナウイルスの真っ只中ということもあり、コラボが実現されるのはもう少し先となりそうだ。

 そしてもうひとつ。『三四郎のANN』でも語られた、放送終盤でトミーがしゅーじまんどころか、三四郎二人に噛み付いた「ウエストランドの方が好きです」事件の大反省会が行われた。

 番組も終盤、かつ和解した後で、全員が締めに入ろうとしていたなかでの急な爆弾投下だったので、「トミー、テンパっちゃったのかな?」と皆が優しく対応してくれたわけだが、トミーいわく「あの日はまったく緊張してなくて、パニックで言ったわけでもなく、ただ単に自分のトークの技量が足りなかった」と猛反省。隣にいたカンタでさえも「そんな反省するかね」と引くくらいに、反省の意味で自分に“罰ゲーム”を課そうとするトミー。「坊主にしてくる」「(ANN0を終えた後に)家でANN第3部を一人でする」「皇居の周りを走りこみしてくる」と次々に禊の内容を口にするが、それに対してリスナーが「トミーの代わりに自分が反省します!」と、「俺が/私が坊主の代わりに〇〇にします」といった大喜利大会が勃発。禊さえも人に取られるトミーであった。

 そんな放送の4日後、カンタがTwitterにて、しゅーじまんに「お寿司連れていって頂きました」と投稿。ゲスト出演時に「カンタをお寿司に連れて行きます」との宣言通り、本当に食事に連れていってくれたようだ。写真にはトミーの姿が写っておらず、さらなる妄想が掻き立てられる……今週の放送内での続報に期待しよう。

実はキリンが好きではないカンタ!?

LINEアイコンを徐々に近づけていっても一切気付かれない!?

 フリートークのコーナーでは、カンタがオークションで落札しようとした、宇都宮動物園に1月に産まれたキリンの赤ちゃんの命名権の話が明かされた。トミーに比べて滅多に散財することのないカンタだが、「動画のネタにもなる」と考え、いつしか10万20万と吊り上げていき、なんと123万円で落札。しかしその後、動物園園長からの直々の連絡があり、100万円で考えてくれている優しい老夫婦に命名権を譲ってくれないかとのことで、同じくらい心優しいカンタは今回はその老夫婦へと譲ることに。その後、キリンは「はるか」と名付けられ、なんと村上信五とマツコ・デラックスによるTV番組『月曜から夜ふかし』にて、そのキリンが特集されているのを偶然カンタが発見。「実は120万円の人もいた」との紹介がチラッと入ったことで、思わぬ番組初出演(?)となった。

 しかし、話はこれで終わらない。ファンが激震したのは、カンタが言った「(キリン)好きではないけど」という何気ない発言だった。LINEのアイコンを長年なぜかキリンに設定していることが発端で、その見た目の手足の長さや細さ、草食感も相まって、ファンの間では“カンタがキリン”で“トミーがライオン”というモチーフで表されるのが通説だったのだが、今回の発言でリスナーは仰天。なんなら、雑誌の特集でキリンの着ぐるみを被らされていたのも、過去にキリンのパペット人形を持っていたのも、現在のトミーハウスにまでキリンの大型模型(最近カンタが首を折ったやつ)を持ってきているのも、あれは一体……と疑問が渦巻く、衝撃の告白であった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!