空気公団の記事一覧

(4件)

97年、山崎ゆかり(ボーカル)を中心に結成。メンバー交代を経て、現在は山崎ゆかり(ボーカル)、戸川由幸(ベース)、窪田渡(鍵盤)の3人で活動中。山下達郎に「どの曲も素晴らしい」と言わしめたほどの洗練されたサウンドが特徴だ。音源製作を中心に据えながらも、映像を大胆に取り入れたライヴや、様々な芸術家とのコラボレーションを軸にした展覧会等、枠にとらわれないアート志向の活動を独自の方法論で続けている。
99年10月、今までテープのみで発表し続けてきた作品を集成した1stアルバム『くうきこうだん』をリリース。この作品を機に、都会のセンチメンタリズムを詰め込んだ楽曲にみる、繊細な歌詞、美しく儚げなメロディがたちまち話題となった。その、心地好い哀愁感を漂わせたナンバー群は、00年型ティン・パン・アレイもしくはシュガー・ベイブと呼びたいほど、シティ・ポップスとしての輝きに満ちていたのだ。その後も作品リリースやイベント及びライヴ活動などを精力的に展開し、確固たる存在感と支持を獲得している。