まんぷくコラムの記事一覧

(33件)

まんぷくコラムの記事一覧です

『まんぷく』はなぜ愛されたのか? 長谷川博己と安藤サクラが教えてくれた人生の歩み方

『まんぷく』はなぜ愛されたのか? 長谷川博己と安藤サクラが教えてくれた人生の歩み方

「まんぷくヌードルだってそうだ。あの商品の価値は美味しさや、便利さだけじゃない。“自由の象徴”なんだ」  “自由の象徴”。歩行…

『まんぷく』は“定番”の朝ドラではない 反復と変化を描き続けた福田靖の革新性

『まんぷく』は“定番”の朝ドラではない 反復と変化を描き続けた福田靖の革新性

朝ドラ『まんぷく』(NHK総合)が遂に最終回を迎える。真っ当な良妻賢母と、カップヌードルを発明した発明家であり立派な経営者のマネ…

『まんぷく』影のMVPは松坂慶子? 福子と萬平を支え続けた鈴さんの圧倒的存在感

『まんぷく』影のMVPは松坂慶子? 福子と萬平を支え続けた鈴さんの圧倒的存在感

鈴さん(松坂慶子)のことが心配で仕方がない1週間だった。  娘たちが思わずため息をついてしまうくらい、マイウェイを貫き続ける鈴…

『まんぷく』内田有紀が“みんなの親”に 物語を支え続けた包容力

『まんぷく』内田有紀が“みんなの親”に 物語を支え続けた包容力

夢枕に立つ咲(内田有紀)は、これまでの『まんぷく』(NHK総合)で何度も福子(安藤サクラ)や鈴(松坂慶子)のそばで寄り添ってきた…

『まんぷく』安藤サクラの母としての愛が胸を打つ 物語で初めて描かれた“失恋”

『まんぷく』安藤サクラの母としての愛が胸を打つ 物語で初めて描かれた“失恋”

“恋は影法師。いくら追っても逃げていく。こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げていく”  女性と交際したことがない忠彦…

最終幕の主役は西村元貴に? 『まんぷく』で初めて描かれた父と子の物語

最終幕の主役は西村元貴に? 『まんぷく』で初めて描かれた父と子の物語

朝ドラ『まんぷく』(NHK総合)の中で、福子(安藤サクラ)の父親については、鈴(松坂慶子)の口から折に触れて語られてきた。生前は…

長谷川博己を立ち直らせた安藤サクラの言葉 『まんぷく』が描いた“きれいごと”から学ぶべきもの

長谷川博己を立ち直らせた安藤サクラの言葉 『まんぷく』が描いた“きれいごと”から学ぶべきもの

「1人勝ちだ!」  『まんぷく』(NHK総合)第124話でのこと。坂部(今野浩喜)からの証言を得ることができた萬平(長谷川博己…

『まんぷく』安藤サクラがいよいよ“主役”へ 福子たちの前に新たな問題が立ちはだかる

『まんぷく』安藤サクラがいよいよ“主役”へ 福子たちの前に新たな問題が立ちはだかる

即席ラーメンの開発が終わったとはいえ、福子(安藤サクラ)たちの戦いはまだまだこれから。「まんぷくラーメン」をいかにして世に広める…

『まんぷく』長谷川博己と安藤サクラの二人三脚の歩み タイトルに繋がるラーメンの誕生

『まんぷく』長谷川博己と安藤サクラの二人三脚の歩み タイトルに繋がるラーメンの誕生

お湯を掛けて、数分待てば出来上がるラーメン。それは今やコンビニでもスーパーでも手に入れることができるが、その発明の舞台裏を初めて…

要潤演じる忠彦の画風に変化が起きる 『まんぷく』に新風を送り込んだ壇蜜のインパクト

要潤演じる忠彦の画風に変化が起きる 『まんぷく』に新風を送り込んだ壇蜜のインパクト

一時は鳥の絵を描いていた忠彦(要潤)。色鮮やかなその画風は実に生き生きとしていた。ところが、戦争を経てからは、彼の画風・色使いに…

大谷亮平演じる真一の再婚が意味するもの 内田有紀は『まんぷく』を見守り続ける

大谷亮平演じる真一の再婚が意味するもの 内田有紀は『まんぷく』を見守り続ける

結核で亡くなってからも、福子(安藤サクラ)や鈴(松坂慶子)の夢枕に立つ形で登場し続けるのが、咲(内田有紀)である。夢に出てくる彼…

『まんぷく』いよいよ物語は終盤戦に 萬平(長谷川博己)ラーメン作りへの過程を振り返る

『まんぷく』いよいよ物語は終盤戦に 萬平(長谷川博己)ラーメン作りへの過程を振り返る

いよいよ、即席ラーメン開発の物語が始まった。これまでの『まんぷく』(NHK総合)では、福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)が様…

『まんぷく』本当の“ヒロイン”は長谷川博己? 『シン・ゴジラ』矢口を彷彿とさせる名スピーチ

『まんぷく』本当の“ヒロイン”は長谷川博己? 『シン・ゴジラ』矢口を彷彿とさせる名スピーチ

折り返し地点を過ぎ、最終回まで残り約2カ月となった朝ドラ『まんぷく』(NHK総合)。長谷川博己演じる立花萬平は、常に挑戦し、試練…

加藤雅也×牧瀬里穂が『まんぷく』の拠り所に? 朝ドラにおける“喫茶店”の役割

加藤雅也×牧瀬里穂が『まんぷく』の拠り所に? 朝ドラにおける“喫茶店”の役割

「もはや戦後ではない」。そんな言葉が世に出てきた後の日本では、人々の暮らしが目まぐるしく変わっていた。『まんぷく』(NHK総合)…

長谷川博己以外に適任者なし! 『まんぷく』愛されキャラ、立花萬平の魅力

長谷川博己以外に適任者なし! 『まんぷく』愛されキャラ、立花萬平の魅力

『まんぷく』(NHK)の主人公・福子(安藤サクラ)の夫・萬平(長谷川博己)の周りには、いつだって彼を支えてくれる人たちでいっぱい…

萬平(長谷川博己)は3度目の拘束にどう立ち向かうのか 『まんぷく』終戦後も“戦い”は続く

萬平(長谷川博己)は3度目の拘束にどう立ち向かうのか 『まんぷく』終戦後も“戦い”は続く

英文の判決文、しかも難解な言葉であふれたその内容を読み込んだといい、見るからに頭の切れる弁護士である。東京帝国大学の法科を首席で…

桐谷健太演じる世良、さすがの商魂を発揮! 『まんぷく』ビジネスの本質を描いた第11週

桐谷健太演じる世良、さすがの商魂を発揮! 『まんぷく』ビジネスの本質を描いた第11週

会社の人間の細かな心情を察するのが、やはり福子(安藤サクラ)は上手い。例えば、従業員の間で不協和音が流れたときにも、萬平(長谷川…

長谷川博己演じる萬平に学ぶ、信頼されるヒント 『まんぷく』“自分が一番大事”が示すメッセージ

長谷川博己演じる萬平に学ぶ、信頼されるヒント 『まんぷく』“自分が一番大事”が示すメッセージ

萬平(長谷川博己)にとっては2度目の災難であった。1度目は軍事物資の横流しの疑いで憲兵に捕まり、2度目はクーデターの疑いで、会社…

永沼伊久也、榎田貴斗、中村大輝、川並淳一……『まんぷく』を盛り上げる“塩軍団”俳優パート2

永沼伊久也、榎田貴斗、中村大輝、川並淳一……『まんぷく』を盛り上げる“塩軍団”俳優パート2

『まんぷく』(NHK総合)第10週では、萬平(長谷川博己)や神部(瀬戸康史)らたちばな塩業の社員が進駐軍への反乱容疑で逮捕される…

安藤サクラ×長谷川博己に社会人こそ共感? 『まんぷく』は人生論・組織論を学べる朝ドラに

安藤サクラ×長谷川博己に社会人こそ共感? 『まんぷく』は人生論・組織論を学べる朝ドラに

朝ドラ『まんぷく』(NHK総合)は10週目を迎え、波乱万丈の萬平(長谷川博己)、福子(安藤サクラ)夫婦の人生と会社もようやく軌道…

安藤サクラ、“マネジメント能力”を徐々に発揮 『まんぷく』萬平を信じ続ける強さ

安藤サクラ、“マネジメント能力”を徐々に発揮 『まんぷく』萬平を信じ続ける強さ

まだ鈴(松坂慶子)の家出に困っていた頃のこと。福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)は掲示板に張り出された「尋ね人」の数の多さに…

長谷川博己の拷問シーンから“食”を紐解く お腹も心も満たされる『まんぷく』の意味

長谷川博己の拷問シーンから“食”を紐解く お腹も心も満たされる『まんぷく』の意味

軍事物資の横流しが疑われた萬平(長谷川博己)は憲兵に拘束された。そこで彼を待ち受けていたのは、あまりにも過酷な取り調べであった。…

大谷亮平、死にゆく妻を看取る名演技 『まんぷく』小野塚真一役から滲む誠実さ

大谷亮平、死にゆく妻を看取る名演技 『まんぷく』小野塚真一役から滲む誠実さ

10月1日よりスタートした『まんぷく』(NHK総合)は、第2週「…会いません、今は」から大きな山場が訪れた。ヒロイン・今井福子(…

『まんぷく』内田有紀の「ありがとう」に込められたもの 朝ドラヒロインは“別れ”からどう立ち直る?

『まんぷく』内田有紀の「ありがとう」に込められたもの 朝ドラヒロインは“別れ”からどう立ち直る?

福子(安藤サクラ)が萬平(長谷川博己)に頼んだ幻灯機の演出もあり、咲(内田有紀)の結婚式は実に華々しかった。自分のことのように結…