黒木メイサ、7年ぶり地上波ドラマ出演に反響 『降り積もれ孤独な死よ』は演技の深みに期待

黒木メイサ、7年ぶり地上波ドラマへの期待

 黒木メイサが、7月7日スタートの成田凌主演ドラマ『降り積もれ孤独な死よ』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演することが明らかとなった。黒木が地上波ドラマに出演するのは、2017年放送の『オトナ高校』(テレビ朝日系)以来、7年ぶりとなる。本人も、「仕事やプライベートで色々な人生経験を積んできた今の私が作品に向き合った時に、今までとは違う視点から物事が見えるのではと思い、演じるのが楽しみです」と語っているように、7年という月日を経て、より深みが増した黒木の演技が見られるのが楽しみだ。

黒木メイサ、『降り積もれ孤独な死よ』で7年ぶり地上波ドラマ出演 「少し緊張しています」

黒木メイサが、7月7日より読売テレビ・日本テレビ系で放送がスタートする成田凌主演の日曜ドラマ『降り積もれ孤独な死よ』で7年ぶりに…

 そんな黒木が本作で演じる五味明日香は、山梨県富士山北警察署の刑事。ぶっきらぼうな言動が目立つが、実は後輩である冴木(成田凌)のことをよく理解しているという頼り甲斐のあるキャラクターだ。一軒の人気のない屋敷から13人の子供の白骨死体が見つかった“通称・灰川邸事件”、そしてその7年後に起きた失踪事件の真相を、冴木とともに捜査していく。

 ちなみに原作漫画では、五味は女性ではなく五味康弘という名前の男性で、ぶっきらぼうな部分はあまり感じない。そのため、五味明日香がどのような感じで物語の展開に関わってくるのか。ある意味、ドラマオリジナルキャラのような側面も持っているため、本質が掴めない未知数なキャラクターと言えるだろう。

黒木メイサが演じる五味明日香

 また、ドラマ版『降り積もれ孤独な死よ』は、未完の原作を元にオリジナルの要素を交えて作られているので、結末をしっかり考察できるのもうれしい。累計発行部数100万部超えの大ヒットクライムサスペンス『親愛なる僕へ殺意をこめて』の井龍一(原作)×伊藤翔太(作画)コンビによる最新作が原作となっているというだけで、「絶対に面白いドラマになる!」と思っていたところに、黒木の出演が発表され、またひとつ楽しみが増えた気分だ。

 アラサー世代の筆者にとって、黒木は『KATE』(カネボウ化粧品)のCMで圧倒的なオーラを放っていた“憧れのお姉さん的存在”だった。大人っぽくなりたかったあの頃、クールビューティな魅力を持つ黒木が出演するCMに憧れて、KATEのアイシャドウやリップなどを買っていたことを思い出す。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる