『虎に翼』伊藤沙莉が時を経て“はじまりの場所”へ “食べること”が意味する“生きること”

『虎に翼』寅子が時を経て“はじまりの場所”へ

 直言(岡部たかし)が亡くなって、猪爪家はがらんとした空気に包まれた。そこに来客が訪れる。復員兵の小笠原(細川岳)が取り出したのは、見覚えのある品だった。『虎に翼』(NHK総合)第44話では、大きな円を描くように“はじまりの場所”へ戻ってきた。

 収容先の病室で隣のベッドにいた小笠原に、優三(仲野太賀)は寅子(伊藤沙莉)のお守りを渡した。お守りのおかげだろうか、小笠原は回復して帰国したが、優三は帰らぬ人となった。優三を助けられなかったと悔やむ小笠原は、「ほんの短い間でしたが、とても優しい良い男でした」とその死を悼んだ。

 夫はもう帰ってこない。引揚船のニュースで優三の名前が読み上げられることはなく、夫を知る人の言葉は、優三がすでにこの世にいないことを物語っていた。急に力が抜けて、何もする気がなくなったかのように無表情な寅子。心配したはる(石田ゆり子)は、直言のカメラを売った金で、寅子に好きなことをするように言った。

 寅子が向かったのは闇市の屋台。と言っても、机といすを並べただけの簡素なものだ。インフレと食糧難で、肉も酒も手に入れるのは簡単ではない。お腹は空いているのに、ごちそうを前にして寅子の心は動かなかった。思い出すのは優三のことだ。美味しいものは2人で分け合って食べよう。そう話した優三は帰ってこなかった。

 『虎に翼』第1話は、寅子が河原で新聞を読む場面で始まった。時代は戦後で、そこから時計の針を巻き戻し、寅子が明律大学女子部に入学し、仲間と切磋琢磨しながら、困難を乗り越えて女性初の弁護士になる様子を描いてきた。結婚、出産。事務所を辞めて寅子は家庭に入った。戦争が始まり、寅子は夫と兄、父を失った。

 寅子は感情が死んだ状態にある。そこからどうやって第1話の場面につながるのか。食べ物がのどを通らない、文字通り生きる気力をなくした寅子が、屋台の店主(金民樹)に励まされて、視線が外部へ転じる。優三と過ごした思い出の河原で、悲しみがせきを切ったようにあふれ出した。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる