『Re:リベンジ-欲望の果てに-』は赤楚衛二の新境地となる? クレバーな一面への期待

『リベンジ』は赤楚衛二の新境地となる? 

 4月11日にスタートするフジテレビ系の連続ドラマ『Re:リベンジ-欲望の果てに-』の主演を赤楚衛二が務めることが発表された。赤楚がフジテレビ系の連続ドラマの主演を務めるのは本作が初めてとなる。

 本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの“野心”と“復讐心”が入り乱れ、人間の内に秘めた“欲望”がむき出しになっていくリベンジサスペンス。赤楚が演じるのは、日本屈指の巨大病院「天堂記念病院」の理事長の息子・天堂海斗。海斗は父親との仲たがいをきっかけに、医師にはならず、出版社で週刊誌の記者として働いていた。だが、父がある事件に巻き込まれたことをきっかけに、海斗は過去に父と交わした大切な約束を思い出す。そして海斗は父が築き上げてきた大切なモノを取り返すため、愛する人を守るため、巨大病院の権力争いと闘うことを決意する。

赤楚衛二&町田啓太、ブレイク後も止まらない進化 『チェリまほ』への出演が転機に

多くの人に愛されてきた連続ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)の続編映画『チェリまほ THE MO…

 最近では、『こっち向いてよ向井くん』(日本テレビ系)、『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』(TBS系)などに出演していた赤楚。彼がよく演じているのは、気弱で優しい性格の青年だ。赤楚の出世作にもなった『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)では童貞のまま30歳を迎えたことで「触れた人の心が読める魔法」を使えるようになった安達を演じており、彼がふと触れた社内一のイケメン同期・黒沢(町田啓太)はなんと自分への熱い恋心を内に秘めていた。

 普通なら、初めて聞くに等しい自分への愛の言葉や同性からの好意に対して戸惑い、距離を取ってもおかしくない状況なのだが、安達は黒沢の気持ちにしっかり向き合おうとする。そして、たくさんのことを経験しながら次第に自分の意思を明確にして前に進み、黒沢との仲を深めていく。赤楚はこのような「ちょっと頼りない青年の成長ストーリー」を得意としているのだ。

赤楚衛二、横山裕、高杉真宙、目黒蓮 『舞いあがれ!』で魅力を放った4人の俳優

連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK総合)の最終週となる「私たちの翼」が放送された。感動のフィナーレで舞台は2027年の未来へ…

 2022年度後期の朝ドラ『舞いあがれ!』(NHK総合)では、そんな成長した青年が最終的にはヒロイン・舞(福原遥)の夫に。仕事や子育てに奮闘しつつ、悩む舞を優しく包み込み、背中を押す言葉をかけるようになる。

 しかし今回、本作で演じる海斗は父に反発して親とは別の職業につくような気の強さを最初から持っている。また、外野の海斗が権力争いに勝ち抜いていくためには正攻法だけではうまくいかないだろう。時には相手を出し抜いていくことも必要だ。そのため海斗は、これまで赤楚が演じてきたものとは異なるダークな雰囲気とクレバーさがあるキャラクターとなっている可能性がある。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる