『下剋上球児』最終回に元木大介がゲスト出演 「鳥谷が出演しているのを見ていいなと」

『下剋上球児』最終回に元木大介がゲスト出演

 鈴木亮平主演のTBS日曜劇場『下剋上球児』の最終話に、元プロ野球選手の元木大介が出演する。

 本作は、高校野球を通して、現代社会の教育や地域、家族が抱える問題やさまざまな愛を描く、ドリームヒューマンエンターテインメント。主演の鈴木が野球部の顧問・南雲脩司を演じるほか、黒木華、井川遥、生瀬勝久、松平健、小泉孝太郎、小日向文世、明日海りお、山下美月、きょん(コットン)らが出演。球児キャストには、中沢元紀、兵頭功海、伊藤あさひ、小林虎之介、橘優輝、生田俊平らが名を連ねている。

  第9話で賀門(松平健)率いる因縁の相手・星葉高校に見事勝利した越山高校は、甲子園出場まであと一勝に迫る。果たして越山高野球部は“日本一の下剋上”を成し遂げることができるのか。

 本作には、初回に阪神タイガース・千葉ロッテマリーンズで活躍した鳥谷敬、第7話に中日ドラゴンズなどで活躍した前田幸長、元メジャーリーガーの川﨑宗則、第9話に東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大と、プロ野球界で活躍した選手たちが出演を果たしている。

 12月17日の最終回に登場する元木が本作で演じるのは、越山高校が三重県大会の決勝戦で対戦する伊賀商業の監督役。第1話から本作を視聴していたという元木は、「鳥谷が出演しているのを見ていいなと思っていたら、まさかお話をいただいて。しかも大事な最終回で監督役ということで、僕でいいのかなとプレッシャーを感じました(笑)」とコメント。巨人でヘッドコーチの経験もある元木は、プロデューサー絶賛の演技で監督役を難なくこなした。

 撮影は三重県の球場で行われ、主演の鈴木と談笑する姿や、球児役のキャストと記念撮影をする姿も見られた。撮影の最後には、視聴者に向けて「皆さんにご迷惑をかけないよう必死にやらせていただきました(笑)。とてもいい作品になっていますのでぜひご覧ください!」とメッセージを送った。

■放送情報
日曜劇場『下剋上球児』
TBS系にて、毎週日曜21:00~21:54放送
出演:鈴木亮平、黒木華、井川遥、生瀬勝久、明日海りお、山下美月、きょん(コットン)、中沢元紀、兵頭功海、伊藤あさひ、小林虎之介、橘優輝、生田俊平、菅生新樹、財津優太郎、鈴木敦也、福松凜、奥野壮、絃瀬聡一、鳥谷敬、伊達さゆり、松平健、大倉孝二、小泉孝太郎、小日向文世
原案:『下剋上球児』(カンゼン/菊地高弘著)
脚本:奥寺佐渡子
プロデュース:新井順子
演出:塚原あゆ子、山室大輔、濱野大輝
編成:佐藤美紀、黎景怡、広瀬泰斗
製作:TBSスパークル
©TBSスパークル/TBS(撮影:ENO)
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/gekokujo_kyuji_tbs/
公式X(旧Twitter):@gekokujo_kyuji
公式Instagram:@gekokujo_kyuji
公式TikTok:@gekokujyo_tbs

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる