『ブギウギ』第10週の壮絶な幕開け スズ子の楽団は嵐の船出に、梅吉には“残酷な知らせ”が

『ブギウギ』梅吉に“残酷な知らせ”が

「ワテ、歌うわ!」

 『ブギウギ』(NHK総合)第1週のタイトルを回収し、戦禍であっても最愛の母・ツヤ(水川あさみ)が好きだった自分の歌を人々に届けていく決意を固めたスズ子(趣里)。しかし、希望の道が開けたと思いきや、第10週ではさらにスズ子を追い詰める出来事が次々と起こる。

 スズ子はりつ子(菊地凛子)の覚悟が滲む歌にも背中を押され、「福来スズ子とその楽団」を結成。梅丸の頃から一緒だったトランペットの一井(陰山泰)、ピアノの二村(えなりかずき)、ギターの三谷(国木田かっぱ)、ドラムの四条(伊藤えん魔)から成る少数精鋭の楽団だ。

左から、二村(えなりかずき)、一井(陰山泰)、三谷(国木田かっぱ)、福来スズ子(趣里)

 さらに、新たに加わったのが、辛島(安井順平)の紹介でやってきた自称“腕利き”のマネージャー・五木(村上新悟)である。この五木がまた癖のあるキャラクターで、かなりの自信家。自分の手にかかれば、あっという間に公演の予定が埋まると信じて疑わない。そんなもものだから、一度は下宿先を追い出されたものの、諦めずにスズ子のことを追いかけてきた小夜(富田望生)のことも付き人としてあっさりメンバーとして引き入れる。

左から、福来スズ子(趣里)、小林小夜(富田望生)

 五木の楽観ぶり、そして小夜の遠慮のなさには呆れるところもあるが、周りの人間は彼らの存在に助けられている部分もあるのだろう。同じく朝ドラの『カムカムエヴリバディ』で戦時下でも自由奔放だった、濱田岳演じるヒロインの兄・算太が「気ままな人じゃけど、今の世にゃあ必要な人材じゃな」と評価されていたのを思い出す。常々、完璧な人間などいないということに気づかせてくれる本作だが、同時に、時と場合によってはその綻びに助けられる人間もいるということを教えてくれる。

 しかし、警察の締め付けは厳しくなる一方で、「福来スズ子は敵性音楽を歌っている」という評判がたち、結成からしばらく経ってもスズ子の楽団は一度も公演をできずにいた。大口を叩いていた五木もすっかりお手上げで、梅丸の後ろ盾を失ったスズ子に責任を転嫁する始末。そんな中でも一井は「福来スズ子を信じる気持ちは変わらない」と言ってくれるが、自らの名前を冠した楽団を持つことの責任はますますスズ子に重くのしかかる。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる