横田真悠、道枝駿佑主演ドラマ『マルス』出演決定 食べることが大好きな女子高生役に

横田真悠、道枝駿佑主演『マルス』出演決定

 2024年1月よりテレビ朝日系で放送がスタートする道枝駿佑(なにわ男子)主演ドラマ『マルス-ゼロの革命-』に横田真悠が出演することが決定した。

 本作は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)などの脚本家・武藤将吾が完全オリジナルで描く青春“クーデター”サスペンス。

 学校ではいじめに遭い、唯一の心の拠り所だったSNSでも居場所を失ってしまった“僕”。人生に絶望し、命を絶とうとしていたその時、“僕”の前に謎の青年が現れる。“ゼロ”と名乗るその青年は、“僕”に「オレがお前をこの腐った世界から救ってやる」と告げる。その日を境に“僕”の世界は一変。“ゼロ”の過激な言動と不思議なカリスマ性のもと集った、“僕”をはじめとする落ちこぼれ高校生たち7人は団結し、「マルス」と名乗って大人社会に反旗を翻していく。

 道枝が演じるのは、落ちこぼれ高校生たちを「俺と一緒にこの世界をぶっ壊そう」と扇動していく19歳の転校生“ゼロ”こと美島零。また、板垣李光人が、道枝の右腕的存在である逢沢渾一=通称“アイコン”、吉川愛がヒロインの貴城香恋、井上祐貴が陽気なバンドマンの二瓶久高を演じる。

 横田が演じるのは、「マルス」きっての癒し系・桜庭杏花役。「食べることが大好きな女の子で周りを明るく癒す存在」と語る横田。「いろいろなことが起こるストーリーの中で彼女を見て笑顔になってもらえたらうれしいです」と自身の役の見どころを明かした。

 さらに、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』に続く武藤作品への出演となる横田は、「武藤さんの世界観でしか感じられない時間を過ごせると思うので、たくさんのことを感じられたら」と意気込みを語った。

横田真悠 コメント

出演オファーを受けたときの感想、企画書や脚本を読んだ際のイメージ

脚本を読めば読むほどに、これからどう展開していくんだろうとわくわくしました。【マルス】のメンバーと一緒にいることが多いと思うので、みんなとの掛け合いからどんなシーンが生まれるのかなと楽しみです!

桜庭杏花という人物をどんなふうに演じたいか

個性的なキャラクターが集まっているなか、彼女は食べることが大好きな女の子で周りを明るく癒す存在になると思うので、いろいろなことが起こるストーリーの中で彼女を見て笑顔になってもらえたらうれしいです。

脚本を手掛ける武藤将吾の印象、今作で楽しみにしていること

また武藤さんの世界観に入ることがとてもうれしく、楽しみです。武藤さんの世界観でしか感じられない時間を過ごせると思うので、たくさんのことを感じられたらと思います。

道枝駿佑の印象

今回作品としては初めてご一緒します。とてもお忙しいと思うんですが、健康第一で、道枝さんを筆頭にみんなで最後まで頑張りたいと思います。

■放送情報
『マルス-ゼロの革命-』
テレビ朝日系にて、2024年1月スタート 毎週火曜21:00〜21:54放送
出演:道枝駿佑(なにわ男子)、板垣李光人、吉川愛、井上祐貴、横田真悠
脚本:武藤将吾
音楽:未知瑠
ゼネラルプロデューサー:中川慎子(テレビ朝日)
プロデューサー:田中真由子(テレビ朝日)、中沢晋(オフィスクレッシェンド)
監督:平川雄一朗、片山修
制作協力:オフィスクレッシェンド
制作著作:テレビ朝日
©︎テレビ朝日
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/mars/
公式X(旧Twitter):https://twitter.com/mars_tvasahi
公式Instagram:https://www.instagram.com/mars_tvasahi/

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる