母親の監視下に置かれた軟禁生活の一部が 『悪い子バビー』本予告&場面写真公開

『悪い子バビー』本予告&場面写真

 10月20日に公開される映画『悪い子バビー』の本予告と場面写真が公開された。

 ヴェネチア国際映画祭に出品され審査員特別賞ほか全3部門を受賞した本作は、その評判から20カ国以上で上映され、ノルウェーでは年間興行収入第2位にランクインするヒットを記録。日本では『アブノーマル』というタイトルでVHSが発売されていたのみで、今回が日本初公開となる。

 「ドアの外に出れば、汚染された空気の猛毒で命を落とす」。そんな母親の教えを信じ、35年間、暗く汚い部屋に閉じ込められていたバビー。身の回りのすべてを母親が管理し、ただそれに従うだけの日々を送っていた。ある日、何の前触れもなく“父親”だと名乗る男が帰ってきたことをきっかけに、バビーの人生は動き出す。言葉、音楽、暴力、宗教、美味しいピザ……刺激に満ち溢れた外の世界に、純粋無垢なバビーが大暴走。行く先々で出会う誰もが彼の自由で荒々しいスタイルに巻き込まれていく。

 監督を務めたのは、オランダ生まれオーストラリア育ちのロルフ・デ・ヒーア。監督が脚本完成までに10年以上の年月を要した本作は、バビーが生まれて初めて触れる世界を観客もそのまま体験できるように、撮影監督が合計32名が代わるがわる参加して撮影された。そして、「バイノーラルサウンド録音」で耳を刺激する音をリアルに再現している。

映画『悪い子バビー』本予告

 公開された本予告では、母親の監視下に置かれたバビーの軟禁生活の一部が映し出されている。軟禁生活が35年目に突入したある日、自らを”パパ”と名乗る見知らぬ男の出現を機に、外の世界へ飛び出すことになったバビーの様子も。さらに、何を見るにも新鮮で、街中を吠え回っていたバビーが、ライブパフォーマンスで多くの観客を魅了するシーンや、厳しい社会の荒波に揉まれ「自分は外に向いていない」と葛藤するバビーの姿が映し出されている。

 あわせて公開された場面写真では、バビーが事故現場のような場所で座り込む様子や、バビーが一目惚れをした女性・エンジェルやバンドマン、バイオリン弾きの少女らと関わっている姿が切り取られている。

20230905_waruikobubby_01
20230905_waruikobubby_03
20230905_waruikobubby_04
20230905_waruikobubby_05
20230905_waruikobubby_06
20230905_waruikobubby_07
20230905_waruikobubby_08
20230905_waruikobubby_09
20230905_waruikobubby_10
20230905_waruikobubby_11
previous arrow
next arrow
20230905_waruikobubby_01
20230905_waruikobubby_03
20230905_waruikobubby_04
20230905_waruikobubby_05
20230905_waruikobubby_06
20230905_waruikobubby_07
20230905_waruikobubby_08
20230905_waruikobubby_09
20230905_waruikobubby_10
20230905_waruikobubby_11
previous arrow
next arrow

■公開情報
『悪い子バビー』
10月20日(金)より、新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショー
監督・脚本:ロルフ・デ・ヒーア
出演:ニコラス・ホープ、クレア・ベニート、ラルフ・コッテリル、カーメル・ジョンソン
製作:ドメニコ・プロカッチ、ジョルジオ・ドラスコヴィック、ロルフ・デ・ヒーア
撮影監修:イアン・ジョーンズ
編集:スレーシュ・エイアー
音響デザイン:ジェイムス・カーリー
音楽:グレアム・ターディフ
提供:キングレコード+ハピネット・メディアマーケティング
配給:コピアポア・フィルム
1993年/オーストラリア=イタリア合作/114分/カラー/スコープ/原題:Bad Boy Bubby/R-18+
©1993 [AFFC/Bubby Productions/Fandango]
公式サイト:badboy-bubby2023.com

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる