京本大我主演『束の間の一花』メインビジュアル公開 駒井蓮、山之内すずら追加キャストも

 10月17日より日本テレビで放送がスタートする京本大我(SixTONES)主演ドラマ『束の間の一花』のメインビジュアルが公開され、あわせて追加キャストが発表された。

 本作は、奇しくも余命宣告をされた同じ境遇のふたりの“束の間”の恋の物語。余命宣告を受けた哲学講師・萬木昭史を演じるのは、本作が連続ドラマ単独初主演となるSixTONESの京本。そして、余命宣告を受けた女子大生の千田原一花を、本作が日本テレビドラマ初出演となる藤原さくらが演じる。

 新たに発表された追加キャストは4名。千田原一花の大学の親友・土橋じゅんを駒井蓮、清水かおりを山之内すずが演じる。3人は大学生トークや、笑って楽しめる恋バナを繰り広げる。

 そして、萬木昭史がトマトを託す近所の住人・山根恵子を朝加真由美、萬木を大学の講師に引っ張った恩師・渋川哲治をきたろうが演じる。

コメント

駒井蓮(土橋じゅん役)

脚本を読ませて頂き、一花ちゃんと萬木先生のやりとりにほっこりしつつ、一花、かおり、じゅんちゃん3人のやりとりが微笑ましくて笑ってしまいました。また、先生と友達と家族と、こんな青春があったらいいな……と想像してドキドキもしました。じゅんちゃんは、原作とは異なる雰囲気になっているのですが、マイペースさと効率重視な部分が魅力なので、そこを楽しみながら演じていければと思っています。
一花、かおり、じゅんちゃんはそれぞれのキャラが濃いにも拘らず、何故か話すとみんなでゆるやかな気持ちになる3人です。毎シーンとっても楽しく撮影させて頂いてます。なので、萬木先生のゆるゆるさも見どころですが、3人組のゆるゆるさも是非注目して頂きたいです!

山之内すず(清水かおり役)

とても重いものを背負っている2人の物語ですが、それを感じさせない一花の強さ、最後まで自分の人生を諦めない姿が心に刺さりました。
私が演じるかおりはいつでも自由で服装も何もかも周りに影響されない自分らしさを持っている女の子です。恋に真っ直ぐな一花、しっかり者のじゅんちゃん、自由奔放なかおり。そんな凸凹な3人の姿も楽しんでいただきたいです!
絶対に良いドラマだったと思ってもらえる作品になっていると思います。
恋に真っ直ぐな、生きることに真っ直ぐな2人の姿が毎週の生きる糧になりますように。

朝加真由美(山根恵子役)

脚本を読んだ時、なんと初々しい切ないラブストーリーなんだろ! 若いっていいな! 目の前の壁が高くても若いからこそ乗り越えられるエネルギーがある、若いって素晴らしい! と思いました。
私が演じる山根は人生を大切にシニアライフを楽しんでいるおばさん。私自身そんな暮らし方に憧れがあるので、役を通して楽しみたいと思っています。
このドラマは、今を生きてるって素晴らしい! はたして自分は今を大切に生きている? そう自分に問いかけてみたくなる作品ではないかしら。
たくさんの人に見ていただければと思っています。

きたろう(渋川哲治役)

大学の教授で萬木を講師に引っ張った恩師。
一途に人を好きになって告白するって、素敵なことだなと思いました。
知的であることが、なんでもない。そんなキャラクターを演じたい。
死は実は誰にでも側にいます。毎日を一生懸命に生きて欲しい。とにかく可愛い物語です。

■放送情報
『束の間の一花』
日本テレビにて、10月17日(月)スタート 毎週月曜24:59〜25:29放送(30分×全10話)
Hulu、Tverでも配信
出演:京本大我(SixTONES)、藤原さくら、佐々木大光(7 MEN 侍/ジャニーズJr)、富田靖子
原作:タダノなつ『束の間の一花』(講談社『Palcy』所載)
脚本:今井雅子、富安美尋
監督:林雅貴、丸谷俊平
編成:安島隆、鈴木淳一、藤澤季世子、明石広人
プロデューサー:大井章生、伊藤美緒、馬場三輝
協力プロデューサー:藤森真実、千葉行利、杉山葉香
チーフプロデューサー:三上絵里子、島本講太
制作会社:ケイファクトリー
製作著作:日本テレビ、ジェイ・ストーム
©NTV・J Storm
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/tukanomanoitika/
公式Twitter:@shindora_ntv
公式Instagram:@shindora_ntv

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる