イルディゴー・エニェディ×レア・セドゥ 『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』8月12日公開

レア・セドゥ主演映画8月12日公開

 レア・セドゥ主演映画『The Story of My Wife(原題)』が、『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』の邦題で8月12日より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、ユーロスペースほかにて全国公開されることが決定した。

 第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された本作は、長編デビュー作『私の20世紀』(1989年)で、第42回カンヌ国際映画祭(1989年)カメラドールを受賞、その後『心と体と』(2018年)で第67回ベルリン国際映画祭金熊賞(2017年)を受賞したハンガリーの映画監督イルディゴー・エニェディの新作映画。

 主演を務めたのは、『アデル、ブルーは熱い色』(2013年)でカンヌ国際映画祭史上初めて主演女優としてパルムドールを受賞、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021年)や『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(2021年)などのセドゥ。共演には『グッバイ・ゴダール!』(2017年)や『SAINT LAURENT サンローラン』(2014年)のルイ・ガレルが名を連ねた。

 1920年のマルタ共和国。船長のヤコブ(ハイス・ナバー)は、カフェに最初に入ってきた女性と結婚するという賭けを友人とする。そこにリジー(レア・セドゥ)という美しい女性が入ってくる。ヤコブは初対面のリジ―に結婚を申し込む。その週末、二人だけの結婚の儀式を行う。幸せなひと時を過ごしていたが、リジーの友人デダン(ルイ・ガレル)の登場により、ヤコブは二人の仲を怪しみ嫉妬を覚えるようになる。

 セドゥ演じるリジーがヤコブと出会うシーンの場面写真も公開。ヤコブに声をかけられたリジーはコケティッシュで魅力的な笑顔を見せ、ヤコブは一瞬で彼女の虜になるが……。

■公開情報
『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』
8月12日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、ユーロスペースほか全国公開
監督・脚本:イルディコー・エニェディ
出演:レア・セドゥ、ハイス・ナバー、ルイ・ガレル、セルジオ・ルビーニ、ルナ・ウェドラー
プロデューサー:モニカ・メーチ
原作:ミラン・フスト
撮影:マルツェル・レーブ
音楽:アダム・バラージュ
配給:彩プロ
2021/ハンガリー・ドイツ・フランス・イタリア/英語・フランス語・オランダ語・ドイツ語・イタリア語/シネマスコープ/169分/原題:A felesegem tortenete/PG-12
(c)2021 Inforg-M&M Film – Komplizen Film – Palosanto Films – Pyramide Productions – RAI Cinema – ARTE France Cinema – WDR/Arte



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる