弓を持つ松村北斗や不敵な笑みの吉岡里帆 『ホリック xxxHOLiC』劇場幕間映像&新カット

『ホリック』劇場幕間映像&新場面写真

 4月29日公開の映画『ホリック xxxHOLiC』より、劇場幕間映像と新場面写真が公開された。

 『週刊ヤングマガジン』で連載され、単行本の累計発行部数が1400万部を超える創作集団・CLAMPの人気コミックを実写化する本作。刊行当時から原作のファンで、約10年にわたり映画化を熱望し構想を温めてきた蜷川実花が監督を務める。

 心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視えるという特殊な能力のせいで人と距離をとり、普通の生活を送りたいと願っている孤独な高校生・四月一日君尋(ワタヌキキミヒロ)を神木隆之介、どんな願いも叶えるという不思議な“ミセ”の女主人で、四月一日の能力を見抜き、対価と引き換えに彼の願いを叶えようと申し出る壱原侑子(イチハラユウコ)を柴咲コウが演じるほか、SixTONESの松村北斗、玉城ティナ、DAOKO、モトーラ世理奈、橋本愛、趣里、西野七瀬、大原櫻子、てんちむ、磯村勇斗、吉岡里帆が出演する。

映画『ホリック xxxHOLiC』劇場幕間映像(妖しく美しい世界編) 4月29日(金・祝)全国公開!

 公開された劇場幕間映像は、人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた四月一日が、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれる侑子と出会うシーンから始まる。煙筒から紫煙を燻らせ「どんな願いでも叶えてあげる。ただし対価を頂く、それがこの世界のルール」と世の中の道理を説く侑子。映像内では、侑子の鮮やかで煌びやかな衣装の一部が披露されており、印象的な蝶や蓮の花のヘアアクセサリーから大胆に肩を見せた赤いドレス、歌舞伎役者のイラストが描かれたエキゾチックな白いドレスを見ることができる、

 また、“ミセ”に棲むマル(DAOKO)、モロ(モトーラ世理奈)と楽しそうにはしゃいだり、同級生の百目鬼(松村北斗)やひまわり(玉城ティナ)と祭りを楽しむ等身大の四月一日の姿や、アヤカシを操り世界を闇に堕とそうとする妖艶な悪女・女郎蜘蛛(吉岡里帆)、何度めくっても“四月一日”を繰り返すカレンダー、唇を血で染め愁いを帯びた表情を浮かべるアカグモ(磯村勇斗)などの姿が、渋谷慶一郎のスコアと、SEKAI NO OWARIによる主題歌「Habit」のサウンドに乗せて映し出されていく。

 あわせて公開された場面写真は、四月一日の口をそっと指で塞ぐ侑子、弓を持ち佇む百目鬼の姿や、不敵な笑みを浮かべる女郎蜘蛛、ひまわりに近づき惑わすアカグモの姿などが切り取られている。

 なお、本作が4月1日から4月10日に開催される第42回ポルト国際映画祭の最主要コンペティション部門である「ファンタジー部門」にさ出品されることも出決定。現地時間の4月1日に本映画祭の公式オープニング作品として、ワールドプレミア上映が行われる。

■公開情報
『ホリック xxxHOLiC』
4月29日(金)全国公開
出演:神木隆之介、柴咲コウ、松村北斗、玉城ティナ、趣里、DAOKO、モトーラ世理奈、西野七瀬、大原櫻子、てんちむ、橋本愛、磯村勇斗、吉岡里帆
原作:CLAMP『xxxHOLiC』(講談社『ヤングマガジン』連載)
監督:蜷川実花
脚本:吉田恵里香
音楽:渋谷慶一郎
主題歌:SEKAI NO OWARI「Habit」(ユニバーサル ミュージック)
制作プロダクション:ドラゴンフライはちのじ
製作幹事・配給:松竹、アスミック・エース
製作:映画「ホリック」製作委員会
(c)2022映画「ホリック」製作委員会 (c)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社
公式サイト:xxxholic-movie.asmik-ace.co.jp
公式Twitter:@xxxHOLiC_movie
公式Instagram:@holic_movie.official



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる