『シルクロード.com』に船越英一郎、志駕晃、中村義洋ら著名人が絶賛コメント

 1月21日公開の映画『シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―』に各界の著名⼈がコメントを寄せた。

シルクロードcom

 本作は、悲哀を抱えた男の最後の大勝負を描く、驚愕の実話から生まれたサイバー・ダーク・サスペンス。2011年、検索エンジンではヒットしないダークウェブと暗号通貨“ビットコイン”というふたつの暗号化技術を用いて、違法ドラッグから武器の売買、殺人依頼まで完全匿名で取引可能にした闇サイト「シルクロード」が誕生した。“闇のAmazon”“ドラッグのeBay”とも呼ばれ1日の売上げは1億円超。警察、FBIのサイバー捜査を完璧にかわしていたが、2013年、ついに追い詰めたのはパソコンも使えないアナログ捜査官だった。

 「シルクロード」を立ち上げた天才ロス・ウルブリヒトを『ジュラシック・ワールド』のニック・ロビンソン、捜査官リック・ボーデンを『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のジェイソン・クラークが演じる。

 本作に推薦コメントを寄せた著名人は総勢17名。俳優の船越英一郎ほか、『スマホを落としただけなのに』の作家・志駕晃、『予告犯』の映画監督・中村義洋、犯罪系のジャーナリストとして知られる丸山ゴンザレスほか、元査一課刑事やブロックチェーン業界のCEOなど、幅広いジャンルの専門家より称賛の声が届けられた。

コメント

船越英⼀郎(俳優)

巧妙に仕組まれ、綿密に練り上げられた虚々実々のストーリー。読めていた筈の展開が全く⾒えなくなる超⼀級のサスペンスにして濃密な⼈間ドラマ。驚愕の実話は最⾼のエンタテインメントを産み落とした!

志駕晃(作家)

絶対に追跡されないと⾔われるダークウェブの闇サイトを⽴ち上げた⼈物と、彼を追い詰める捜査官のヒューマンドラマに夢中になりました。危険なネットの闇に落ちないように、是⾮ご覧になることをお勧めします。

中村義洋(映画監督)

良質な“実話系”クライムサスペンスを観ると必ず「本当はどうだったのか」と調べたくなるが、本作もそれに漏れず鑑賞後すぐにググって半⽇使ってしまった。想像の斜め上を⾏く展開の連続。けれどそれが⼈間のすることだ。

丸山ゴンザレス(ジャーナリスト)

ダークウェブを使った犯罪者たちが目指すのはシステムによる世界の変革か、莫大な利益か。全てを叶える鉱脈を包含したデジタルフロンティアは、連中を引きつける怪しい魅力を放ち続けている。本作はそんなデジタル犯罪の先駆けの時代を描いた始まりの物語である。 

秋山博康(リーゼント刑事・元徳島県警警部)

⻑年、凶悪犯担当の捜査一課で勤務。定年退職を迎えてサイバー課に配属。「パソコンを操作する犯人も人間」「犯罪を捜査する刑事も人間」必検を信じて家庭を顧みず捜査に没頭。映画で「家族愛」「家庭と仕事の両立」を学んだ。

佐々木成三(元捜査一課刑事 デジタル捜査班⻑)

サイバー空間での捜査は大変難しい。だからこそ、犯人をその空間から現実に引きずり込む捜査が絶対に必要。その時に必要なのがサイバー捜査官ではなく、現場を知っているアナログな捜査官。サイバー捜査にはデジタルとアナログ捜査の融合が必要不可欠! 今回はその融合の必要性をお互い認め合えなかったのが残念!

平野淳也(株式会社HashHub CEO 共同創業者)

シルクロードはインターネットとお金、暗号の技術の発展によって必然的に起こった事件と言えます。2021年の今日、未来のお金として地位を確立しつつあるビットコインはその黎明期においてはこういった使い方をされていたこともあったという歴史的教材にもなるでしょうし、ノンフィクションでありながらサスペンスとしても面白い作品です。

設楽悠介(幻冬舎『あたらしい経済』編集⻑)

イノベーションを起こす発明は「功罪」を孕み、人々に試練を与える。世界を変えたいと願った若き天才。家族の幸せを願ったベテラン捜査官。彼らは矛盾を抱えながらも、テクノロジーの闇に飲み込まれていく。ビットコインという発明に翻弄された人々の「正義と欲望の実話」がここにある。

佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)

あっと驚く展開の連続に、心がわしづかみにされたまま最後まで突っ走った。この驚くべき話がまさか実話をベースにしているなんて。決して「下調べ」はせずにぜひとも観てほしい。

岸本誠(都市ボーイズ)

自由とは何か? そんなことを考えた。天才的頭脳を持ち、世界を変えるほどの力を持った男。自分がもしその立場だったら、その先に深い闇があったとして止まることができるのだろうか?

山口敏太郎(作家・オカルト研究家)

インターネットは人間の欲望を際限なく拡張させる。時には人間の野望さえも自在に操ってしまうのだ。 インターネットと言う新造神に心が支配された時、あなたは贖うことができるだろうか。 

田野重徳(行政書士・元千葉県警察/刑事課⻑)

闇サイトの実態を、広く世に啓発する素晴らしい作品です。サイト被害に遭遇しないため、是非ご視聴することをおすすめします。また「自由の暴走」について的確に描写しており、「自由とは」を考えさせられました。 

SYO(物書き)

追う者と追われる者。時代遅れの捜査官とサイバー犯罪の天才。共に“仕事”に憑りつかれ、愛する者を蔑ろにした男たち。彼らを分けるものは、何なのか――。ただの捜査劇に終わらぬ衝撃。こんな話だったとは……。 

⼈間⾷べ⾷べカエル(⼈喰いツイッタラー)

アナログな刑事が、現場で培った経験と⾜を武器にサイバー犯罪を追う様は⾮常に燃える。⽣い⽴ち、年齢、⽴場……何もかもが⼤きく異なる2⼈の男が交差する瞬間、どうしようもないほど⼼を揺さぶられた。

ビニールタッキー(映画宣伝ウォッチャー)

闇サイトを作り出した若き天才とアナログで武闘派の中年刑事。正反対な⼆⼈の追跡劇は情け無⽤、ルール無⽤、予測不可能! 無法地帯のダークウェブが⼈間の“闇”を浮き彫りにするクライムサスペンス。

“DIE”suke(ビーパワーハードボイルド/時代遅れのオジサン保護協会)

組織に認められない時代遅れの捜査官、世間に認められない意識が強⽕の天才……今、やさぐれたアウトサイダー2⼈の意地とプライドがシノギを削る! 互いの倫理観ガン無視っぷりに⽬を⾒張る『⾷うか⾷われるか』映画ですよ︕

デッドプー太郎(ビーパワーハードボイルド/映画ブルースマン)

若⼿ネット起業家VSやさぐれ中年刑事。インターネットを⾶び出して現場でガチンコ対決。世間知らずの意識⾼い系。⾒下してくる年下上司。クソガキ達をOSSANPOWERが圧倒する。

■公開情報
『シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―』
1月21日(金)より、新宿バルト9ほかにて全国公開
監督・脚本:ティラー・ラッセル
出演:ジェイソン・クラーク、ニック・ロビンソン
原案:デヴィッド・クシュナー
配給:ショウゲート
2021年/アメリカ/スコープサイズ/5.1ch/117分/原題:Silk Road
(c)2020 SILK ROAD MOVIE,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://silkroad-movie.com
公式Twitter:@silkroadcom_jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる