黒木華、世間に一石投じるヒロインに ネット社会のタブーに切り込む『ゴシップ』の新しさ

『ゴシップ』黒木華が演じる新たなヒロイン像

「仕事はクズじゃない。クズなのは、そう思っている人」

 新ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系)の主人公・凛々子(黒木華)の言葉が、胸に突き刺さる。経理部に所属していた凛々子が異動した先は、閉鎖の危機にあるネットニュースサイト「カンフルNEWS」の編集部。このサイトで流している記事は、他社のニュースやブログをコピペしただけの“コタツ記事”ばかり。当然、編集部員たちも、「適当にやって、金だけもらえればいい」「こんなクズな仕事に、モチベとかやりがいなんて持てるはずがない」とやる気を失っている。そんな彼らに凛々子がかけたのが、冒頭の言葉である。

 第1話は、凛々子が「カンフルNEWS」の編集部員に加わるところから始まった。「絶対に潰すな。お前があの部署を特別な場所にできた時には、分かることがきっとある」という仁和(安藤政信)との約束を胸に、凛々子は「カンフルNEWS」の立て直しに奮闘していく。どうやら、凛々子は仁和に特別な感情を持っているようだが、後々詳細が描かれていくのだろうか。ドラマ公式サイトの相関図では、「新卒採用の面接で凛々子の入社を推した」存在として紹介されていたが、もう少し深い関係がありそうだ。

 凛々子が掲げた戦略は、PV数を伸ばすために、ゴシップで攻めていくこと。と言っても、大きなスキャンダルだけでなく、興味を引く噂話など、とにかくPV数が伸びそうな話題をアップしていく。人の弱みを握って、PV数を稼ぐ……。一見、タブーのように思えるテーマに、大胆に切り込んでいく作風が新しい。

 ただ、バズる記事のためならば、どんなことでもいとわない凛々子にも信念がある。それは、取材や裏取りをしていない情報は配信しないこと。「カンフルNEWS」の記事は基本は匿名でアップされているが、凛々子は「顔を隠してネットの掲示板に書き込む人たちと同じ」と言い、「瀬古凛々子」の記名で配信をする。これは、「自分が書いた記事にはすべて責任を持つ」「むしろ責任を持てる記事しかアップしない」という彼女の信念の表れなのかもしれない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる