葉山奨之、なにわ男子 大西流星ら、小瀧望主演ドラマ『鹿楓堂よついろ日和』出演決定

『鹿楓堂よついろ日和』に大西流星ら出演

 ジャニーズWESTの小瀧望が主演を務める2022年1月期のテレビ朝日系オシドラサタデー『鹿楓堂よついろ日和』の追加キャストとして、葉山奨之、大西流星(なにわ男子)、佐伯大地、白洲迅の出演が発表された。

 本作は、清水ユウの同名コミックをドラマ化する“癒やし系飯テロドラマ”。和風喫茶「鹿楓堂(ろくほうどう)」には、忙し過ぎて食べることを忘れたサラリーマン、時代の流れに逆らえず廃業を決意したおじいちゃん、恋をしているのに自信がもてないスイーツ大好きなコワモテおじさん……など、ちょっぴり人生に傷ついた人々がやってくる。それを温かく迎えるのは、店主でお茶担当のスイ、料理担当のときたか、スイーツ担当の椿、珈琲担当のぐれ。4人は、おいしい料理やスイーツ、心地よい距離感とさりげないおもてなしで、極上の癒やしタイムを与え、いつの間にか人々の心とお腹を満たしていく。さらに4人も、お客さまとのふれ合いを通して、自らが抱える問題と向き合って成長していく。

 主演の小瀧は、亡き祖父の跡を継いで『鹿楓堂』の店主となったスイを演じる。着物に身を包み眼鏡をかけ、物腰が柔らかく凛とした店主かと思いきや、時に天然ぶりを発揮し、料理能力に至っては絶望的。溺愛中の看板猫・きなこを“モフる”際は突然キャラ変。デレデレ変態モードになってしまうという役どころだ。脚本を手がけるのは、『リコカツ』(TBS系)の泉澤陽子。演出は『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)、『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系)のYuki Saitoが担当する。

 昔からのスイの友人で、鹿楓堂の料理担当・ときたか(永江ときたか)を演じるのは葉山。まるでおじいちゃんのようにすべてに達観し、時代劇や陶芸というシブい趣味をもつ役どころだ。また、照れ屋でツンデレ負けず嫌いな毒舌最年少メンバーでスイーツ担当の椿(中尾椿)役はなにわ男子の大西、奇怪なラテアートで周りを惑わす、ムードメーカー的存在で陽気すぎる全裸キャラ・珈琲担当のぐれ(グレゴーリオ・ヴァレンティノ)役は佐伯が演じる。

 そして、ほのぼのと優しい時間が流れる平和な和風喫茶『鹿楓堂』に近づいてくる謎の男・角崎英介役は白洲が務める。いつもヘラヘラししていてつかみどころのない角崎だが、フランスで修業した実力者でコンテストでの優勝経験もある鬼才パティシエ。スイと疎遠状態の双子の兄・八京の友人ということもあり、何か理由があって鹿楓堂に近づいてきているはず。敵か味方かーー物語のカギを握ることになりそうだ。

■放送情報
『鹿楓堂よついろ日和』
テレビ朝日系にて、2022年1月スタート 毎週土曜23:30~0:00放送
出演:小瀧望(ジャニーズWEST)、葉山奨之、大西流星(なにわ男子)、佐伯大地、白洲迅
原作:清水ユウ『鹿楓堂よついろ日和』
脚本:泉澤陽子
監督:Yuki Saito、柴田啓佑、佐藤恵梨子
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:貴島彩理(テレビ朝日)、都志修平(ジャニーズ事務所)、新野安行(ザフール)、疋田理紗(ザフール)
制作協力:ザフール
制作著作:テレビ朝日、ジェイ・ストーム
(c)テレビ朝日



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる