吉岡里帆主演、中村倫也ら共演で『ハケンアニメ!』実写映画化 ビジュアル&特報映像も

 辻村深月による小説『ハケンアニメ!』が吉岡里帆主演で映画化され、2022年5月に公開されることが決定。あわせてティザービジュアルと特報映像が公開された。

 本作は、今や世界中が注目する日本のアニメ業界の制作現場で繰り広げられる熾烈な闘いを描いた物語。過去にメガヒット作品を生み出し「天才」として名を馳せる王子は、プロデューサー・有科香屋子とタッグを組み、8年ぶりに監督復帰を果たす。一方新人監督・瞳は、クセ者プロデューサー・行城理や個性的な仲間たちと共に、汗と涙と鼻水にまみれ、アニメの頂点・ハケン(覇権)アニメの称号を手にすべく奮闘を重ねる。

 吉岡が主人公の斎藤瞳役で主演を務める。不器用がゆえ壁にぶち当たる日々の中で、それでも懸命に前に進む姿をひたむきに演じる。王子千晴を演じるのは中村倫也。かつて伝説のアニメを世に打ち出し、天才として名を馳せるが、その後はヒット作を出せず、もう後がない崖っぷちの天才監督という役どころに。また、仕事はできるが超クセのある性格で瞳を振り回す敏腕プロデューサー・行城理を柄本佑、かつて王子の才能に人生を懸ける名プロデューサー・有科香屋子を尾野真千子がそれぞれ演じる。

 監督を務めるのは、映画『君の名は。』にCGクリエイターとして参加し、映画『水曜日が消えた』で長編映画デビューを果たした吉野耕平。『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』(読売テレビ・日本テレビ系)、『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系)の政池洋佑が脚本を手がけた。老舗アニメ制作会社・東映アニメーションが監修を行い、変化の激しいアニメ業界の“今”のリアリティを追求した。さらに劇中アニメ『サウンドバック 奏の石』や『運命戦線リデルライト』の制作には、『攻殻機動隊』シリーズなどで知られるProduction I.Gをはじめ、日本を代表するアニメプロダクションが参加した。

『ハケンアニメ!』特報

 公開された特報映像は、劇中アニメ『サウンドバック 奏の石』と『運命戦線リデルライト』の映像をバックに、瞳(吉岡里帆)が「アニメは魔法を超える力を与えることができる!」と真剣な表情で訴えかけるシーンから始まる。瞳、王子(中村倫也)、行城(柄本佑)、香屋子(尾野真千子)がアニメ制作に奮闘する姿と、慌ただしい制作現場の風景がテンポよく描かれる。「2022年覇権を手にするアニメは何か!?」のテロップが現れると、新人監督の瞳が天才監督の王子に「私、負けません。全部勝って、覇権を取ります!」と勝利宣言。不敵な笑みを浮かべる王子、驚いた顔の行城、香屋子のアップが映し出される。 アニメ業界で働く者たちの想いと、覇権を取るための熾烈な争いが垣間見える映像になっている。

 ティザービジュアルは、瞳×行城チームは『サウンドバック 奏の石』、王子×香屋子チームは『運命戦線 リデルライト』と、それぞれが作っているアニメのメインキャラクターを背負い、真剣な表情で正面を見据える4人の姿が確認できる。さらに「覇権を掴め。」「己を超えろ。」のキャッチコピーによって、覇権を賭けた熱い闘いが繰り広げられることを想像させる。

 なお、劇中に登場するアニメ2作品は、今回の情報発表に先駆け、YouTubeに予告編がアップされており、ネット上では“謎のアニメーション”として話題に。1週間であわせて10万を超える視聴数を記録している。

アニメ『サウンドバック 奏の石』特報
アニメ『運命戦線 リデルライト』特報

『ハケンアニメ!』場面写真

■公開情報
『ハケンアニメ!』
2022年5月全国公開
出演:吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子
原作:辻村深月『ハケンアニメ!』
監督:吉野耕平
脚本:政池洋佑
制作プロダクション:東映東京撮影所
配給:東映 
(c)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会 
公式サイト:haken-anime.jp
公式SNS:@hakenanime2022



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる