小松菜奈×坂口健太郎、撮影に臨む2人の様子が 『余命10年』メイキング写真公開

『余命10年』メイキング写真公開

 2022年春公開される小松菜奈と坂口健太郎W主演『余命10年』のメイキング写真が公開された。

 2017年に発売され、累計発行部数50万部を突破している小坂流加の同名小説を映画化する本作は、数万人に一人という不治の病で、余命が10年であることを知った20歳の茉莉が主人公の物語。茉莉は、生きることに執着しないよう、恋だけは決してしないと心に決めていたが、地元の同窓会で和人と出会い、茉莉の10年が大きく動いていく。

 『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人が監督を務め、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『雪の華』の岡田惠和と、『一億円のさようなら』(NHK BSプレミアム)の渡邉真子が脚本を担当。映画全編の音楽をRADWIMPSが手がける。

 小松が演じるのは、数万人に一人という不治の病で、余命が10年であることを知り、もう恋はしないと誓いながら、和人に惹かれていく20歳の主人公・茉莉。坂口は、茉莉と恋に落ち、茉莉を変えていくきっかけを作る若者・和人役を担当。なお、小松と坂口は本作が初共演となる。

 メイキング写真には、小松と坂口に寄り添い演出をする藤井監督と、四季の移り変わりと共に約1年をかけた撮影に臨む小松と坂口の姿が収められている。

 小松と坂口の初共演が実現した背景として藤井は「小松さんと坂口くんのコンビを単純に観客として見てみたかった」と語る。また、2人については「小松さんは言葉がなくても、物悲しさや嬉しさだったり、立っているだけで感情が伝わる俳優さんだなってずっと思っていて、いつかご一緒したいと思っていましたね。坂口くんは顔がタイプだったんですよ(笑)。彼の柔らかさって、自分が描きたい作品のトーンに凄く合っていて、都会に漂っている一人の青年みたいな弱さというか、儚さがちゃんと感じられたんです」と明かしている。

■公開情報
映画『余命10年』
2022年春公開
出演:小松菜奈、坂口健太郎
原作:小坂流加『余命10年』(文芸社文庫NEO刊)
監督:藤井道人
脚本:岡田惠和、渡邉真子
音楽:RADWIMPS
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2022映画「余命10年」製作委員会
公式Twitter:@yomei10movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる