犯罪集団の活躍描く ピアース・ブロスナン主演『ザ・ミスフィッツ』2022年1月公開決定

 レニー・ハーリン監督、ピアース・ブロスナン主演のアクション映画『The Misfits(原題)』が、『ザ・ミスフィッツ』の邦題で2022年1月21日に公開されることが決定した。

 『ダイ・ハード2』『クリフハンガー』『ドリヴン』などを手がけたハーリンが監督を務めた本作では、大掛かりな騙し合いだけでなく、チート級エンジンを搭載した高級車や壮絶な肉弾戦、大爆発、さらにはラクダ(?)までもが登場する。

 主演を務めたのは、5代目ジェームズ・ボンドのブロスナン。さらにタイ出身の兄弟アイドルデュオ“ゴルフ&マイク”として日本でも活躍していたマイク・アンジェロ、ミュージシャンとしても知られる『デイ・オブ・ザ・デッド』のニック・キャノン、『エンジェル・ウォーズ』のジェイミー・チャン、『スターウォーズ/最後のジェダイ』のハーマイオニー・コーフィールド、『レザボア・ドッグス』のティム・ロスが集結した。

 凄腕の犯罪プロフェッショナル集団「ミスフィッツ」。極悪人を騙して大金を盗み、弱者達に返すことをモットーとする彼らは、多くが謎に包まれた現代の義賊的存在だ。そんな彼らの次のターゲットは、凶悪テロリストの資金源となっている大量の金塊だった。金塊が隠されているのは、中東の砂漠に隠された最強セキュリティの私営刑務所。今回の任務が一筋縄でいかないことを悟った彼らは、一匹狼で伝説的な盗みのスペシャリスト、リチャード・ペイス(ピアース・ブロスナン)を半ば強引に勧誘し、ドリームチームを結成する。テロリストに資金が渡るまでのタイムリミットは残り僅か。果たして彼らは無事に金塊を盗み出すことができるのか。

映画『ザ・ミスフィッツ』予告編

 あわせて公開された予告編は、華麗に盗みを働くブロスナン演じるMr.オールマイティを筆頭にチームのメンバーが役割ごとに紹介され、それぞれの活躍がうかがえるものとなっている。

20211117_misfits_main-1
20211117_misfits_sub1
20211117_misfits_sub2
20211117_misfits_sub3
20211117_misfits_sub4
previous arrow
next arrow
20211117_misfits_main-1
20211117_misfits_sub1
20211117_misfits_sub2
20211117_misfits_sub3
20211117_misfits_sub4
previous arrow
next arrow

■公開情報
『ザ・ミスフィッツ』
2022年1月21日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督:レニー・ハーリン
脚本:カート・ウィマー、ロバート・ヘニー
編集:コリーン・ラファティ
音楽:ラッセ・エネルセン、トレヴァー・ラビン
出演:ピアース・ブロスナン、マイク・アンジェロ、ハーマイオニー・コーフィールド、ジェイミー・チャン、ティム・ロス、ニック・キャノン
配給:クロックワークス
2021年/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1ch/95分/英語ほか/日本語字幕:高橋彩/原題:The Misfits/PG12
(c)2020 Film Gate Productions FZ LLC. All Rights Reserved.
公式サイト: https://klockworx-v.com/misfits



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる