佐藤寛太と赤井英和が船で軍艦島へ向かう 『軍艦少年』本編映像公開

佐藤寛太主演『軍艦少年』本編映像公開

 佐藤寛太と加藤雅也が親子役で共演する12月10日公開の映画『軍艦少年』より本編映像が公開された。

 本作は、『ギャングキング』『セブン☆スター』などを手がける柳内大樹の青春漫画を実写映画化するもの。映像作品のロケーションとして脚光を浴びる軍艦島で、世界文化遺産登録後初となる映画撮影を敢行し、心の拠り所とは、魂の救済とは、自身の幸せとは何か、大切な家族を失った親子が生きる意味を見出していく、喪失と再生の物語を描く。監督を務めたのは、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)や『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系)などの演出を担当したYuki Saito。

 『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズ、『イタズラなKissTHE MOVIE』シリーズなどに出演した劇団EXILEメンバーの佐藤が、気の荒い主人公・坂本海星役で主演。『BROTHER』『キングダム』の加藤が、失意に沈む主人公の父・坂本玄海役を演じる。

映画『軍艦少年』本編映像

 公開された本編映像は、海に浮かぶ要塞のような長崎・軍艦島へ、佐藤演じる主人公・海星が、赤井英和演じる、父の幼なじみの巌とともに船で向かうシーンを捉えたもの。海星は軍艦島を見て「ボロボロじゃねぇかよ」と率直な感想を言うが、軍艦島出身の巌は「こんなとこに、最盛期には5000人以上が暮らしてたんだ。小さな島だけど、病院、警察、学校、なんでもあった。俺たちの親父の仕事は過酷だったけど、島全体が、なんかこう、家族みたいだった」と懐かしいまなざしで海星に説明する。海星の両親と巌は共にこの島で育ったため、息子である海星のルーツとも言える軍艦島。説明を聞いた海星は、嬉しそうな表情で島を見つめ直すのだった。

1112_gunkanjima_sub04
1112_gunkanjima_sub03
1112_gunkanjima_sub02
1112_gunkanjima_sub01
1112_gunkanjima_sub05
1112_gunkanjima_sub06
previous arrow
next arrow
 
1112_gunkanjima_sub04
1112_gunkanjima_sub03
1112_gunkanjima_sub02
1112_gunkanjima_sub01
1112_gunkanjima_sub05
1112_gunkanjima_sub06
previous arrow
next arrow

■公開情報
『軍艦少年』
12月10日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開
出演:佐藤寛太、加藤雅也、山口まゆ、濱田龍臣、柾木玲弥、一ノ瀬ワタル、花沢将人、高橋里恩、武田一馬、赤井英和、清水美沙、大塚寧々
監督:Yuki Saito
脚本:眞武泰徳
原作:柳内大樹『軍艦少年』(講談社『ヤンマガKC』刊)
主題歌:卓真「軍艦少年」(UNIVERSAL MUSIC)
音楽:戸田信子
協賛:エクシア・デジタル・アセット
制作プロダクション:エノン
制作協力:オフィスアッシュ
製作:『軍艦少年』製作委員会
配給:ハピネットファントム・スタジオ
2021年/日本/104分/シネマスコープ/5.1ch/PG12
(c)2021『軍艦少年』製作委員会
公式サイト:https://happinet-phantom.com/gunkanshonen
公式Twitter:https://twitter.com/gunkanshonen



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる