エディを侮辱されブチギレ 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』本編映像

『ヴェノム』続編、クレタスにブチギレ映像

 12月3日に公開される『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の本編映像が公開された。

 スパイダーマンの宿敵であり、マーベル史上最も残虐な悪(ダークヒーロー)として誕生、2018年に劇場公開され全世界興行収入940億円を超える大ヒットを記録したトム・ハーディ主演映画『ヴェノム』。その続編となる本作には、ハーディのほか、ウディ・ハレルソン、ミシェル・ウィリアムズ、ナオミ・ハリスらが集結。前作のルーベン・フライシャーから『モーグリ:ジャングルの伝説』のアンディ・サーキスが監督を引き継いだ。

本編映像<最後の面会>『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ 』12月3日(金)全国ロードショー

 公開された本編映像では、死刑が確定した連続殺人犯クレタス・キャサディ(ウディ・ハレルソン)の元をジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)が訪れる。エディは死刑執行前であるクレタスに罪を告白するよう促す。話を聞き出そうとするエディに対し、自分と同じように傷心を味わい苦しんでほしいというクレタスは、「お前はガン細胞だ 大切な人たちを蝕む お前は大切な婚約者を欺いた 自分の父親にも恨まれた お前は母親を殺してこの世に生まれたからだ」とエディを侮辱し始める。エディの中で共に話を聞いていたヴェノムは、聞くに堪えきれず「クソ野郎!」とクレタスに襲いかかる.。本映像は、ヴェノムが相棒・エディのために怒りをあらわにしたことによって、クレタスがカーネイジとなる“きっかけ”を作ってしまう重要なシーンだ。

 本作で脚本を担当しているケリー・マーセルは、「エディとヴェノムが一つの身体をシェアしながら一緒に暮らすようになって、しばらく経つ。お互いのことを文字通り、裏も表も知り尽くしている仲だ」と前作よりもエディとヴェノムの関係性が深まっているとコメントし、「諸事情で一緒にいることを余儀なくされた二人に、この関係を守ってゆく意志があるのか、それともそれぞれ別の道を行くのか。そういうことをこの映画は問いかけるんだ。たまたま仲間になっただけなのか、本当に一緒にいるべき間柄なのかってね」と本作でエディとヴェノムがどんな選択をしていくのかを描いていると明かした。喧嘩ばかりだったヴェノムとエディだったが、エディを侮辱したクレタスに自分のことのように激怒したヴェノム。実は、サーキス監督は「体内に入ったシンビオートには、宿主の性格が反映される」とも明かしており、二人で一つの身体となり、相棒・エディの気持ちが分かるようになっている。

■公開情報
『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』
12月3日(金)全国ロードショー
監督:アンディ・サーキス
脚本:ケリー・マーセル
原案:トム・ハーディ/ケリー・マーセル
出演:トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン、ミシェル・ウィリアムズ、ナオミ・ハリス
配給:ソニー・ピクチャーズ
(c)2021 CTMG. (c)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.
公式サイト: https://www.venom-movie.jp/
公式Twitter: https://twitter.com/VenomMovieJP
公式Instagram:https://www.instagram.com/venommoviejp/
公式Facebook: https://www.facebook.com/VenomMovieJP/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる